天地創造デザイン部(7)

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

天地創造デザイン部(7)

  • 著者名:蛇蔵【原作】/鈴木ツタ【原作】/たら子【その他】
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • 講談社(2021/10発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065246405

ファイル: /

内容説明

神様(クライアント)からのムチャ振りなオーダーに、自由な発想で動物を創造していく「デザイン部」。今回も「なんでも食べる生き物」「最もファッショナブルな鳥」「温暖化を防ぐ生き物」、そして「地上最強の生物とは!?」など誰かに話さずにはいられない「知らなかった!」が満載の生き物創造コメディ!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きょん

16
キツツキのシートベルトにビックリ、バルボキア細菌は虫シリーズBLに生かされていたのを思い出した。2021/10/30

十二月の雀

13
事実は小説より奇なり。キツツキの頭骨の構造は、自然にこうなったとはとても思えない。かといって、誰かがこういうふうにしたとも思えない。要するに訳が分からない。2021/10/28

毎日が日曜日

10
★★★2021/10/25

かなっち

5
相変わらず種の起源が面白く、そういうことに気付いた人間と作った神様(?)の凄さに感動します。だって、クジラが海の恵みのために無くてはならない存在だとか、フグが仲間を食べて毒を入手するとか、オスを必要とせずにメスだけで生き残っているボルバキアとか、不思議過ぎですもの。そして、キツツキがあんなに苦労してエサを取らなくちゃいけないのかと思うと、土の中の虫ではダメだったの?とか思ったり(自分だったら面倒!と怒りそうなので・笑)。蚊の最強説には大いに同意し(夏なんて、あの小さい体に起こされますよ!)、へぇ~と読了。2021/11/25

8月24日生まれ

4
ハゲワシは金属を溶かすほどの胃酸を持っているから病原菌が付着した腐肉を食べても平気だし、頭に羽毛がないから腐肉を漁っても清潔でいられる。こういう風に解説されると、世の中の生物がどれほど機能的に作られているかを思い知らされる。2021/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18566395

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。