天地創造デザイン部(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

天地創造デザイン部(1)

  • ISBN:9784065104613

ファイル: /

内容説明

天界にある動物の「デザイン室」では、神様(クライアント)からのムチャ振りを受けて、日々さまざまな動物がデザインされていた。「ユニコーンってなんで存在しないの?」「美味しい生き物の条件って?」「海で最強の動物は?」「蛇と鳥、どっちが強い?」など、面白くてためになるコメディ満載!! マンガの単行本とは思えない、登場した動物たちの図鑑も収録!! これを読めば、動物園や水族館が100倍楽しくなる!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トラシショウ。

40
神が天地を創造してからしばし。多種多様な動植物の創造への熱意に燃えていた神は、天地創造までで力尽きたのかはたまためんどくさくなったのか、地に生きる生き物達のデザインを天使達の監督するデザインチームに丸投げした。かくして、今日も彼らは「かわいくてかわいくないもの」「武器がついてるもの」といったフワフワした神からのオーダーに応え、尚且つ簡単に絶滅したりしない生物のデザインに挑んでいく。生き物の不思議な生態やメカニズムを奇想天外な見地から掘り下げていく、まさに「面白くて「超」為になる」快作(以下コメ欄に余談)。2017/11/30

あこさん

35
面白かった!発想がいい。天地創造した神は動物たちはデザイナーに造らせる という設定。マジでこんな感じなのかも と思うくらい、動物たちが造られる過程とか、デザインされた動物を作ってみるエンジニアとか、個性的なデザイナー達がナンセンスに面白い。動物達のウンチクも勉強になる。クリエイティブな仕事って凄いなー面白いなー2018/01/20

日奈月 侑子

26
発想が面白いです。ちょいちょい挟まれる動物たちの吃驚性事情はさておき、豆知識を楽しむ的な方向以外にも、デザイナーとクライアントの関係図みたいなのも見れて結構楽しいです。 っていうかコアラの知識部分見て若干「うおお…」ってなりましたよ…。あんな可愛い顔してるのにそうだったのか…。 土屋さんが頑なに馬に執着するのも面白すぎたし、馬デザインを活用して色々考える→現実的な機能考えたら無理でした!のパターンが面白すぎました。馬に角つけようとしたら栄養不足とか骨粗しょう症になっちゃうんですね…。 試行錯誤の図が楽しい2017/11/29

collon

25
生物の雑学漫画 デザイン部と言う面白い発想! 天啓です!!!!!2018/03/25

瀧ながれ

25
カバーにユニコーンがいるのでファンタジーな話だと思ってたら、現実の生き物をテーマに楽しむ作品だった、ユニコーンはこんなにスマートに存在できなかった(泣)。動物トリビアな本やテレビ番組であれこれ語られているので、なんとなく知っているネタもあるけど、こういう角度でマンガになると、すごいインパクトを受けます。バカバカしいやり取りに笑ってしまいますが、出来上がりが現実の動物なので、複雑な心境…。進化って、迷走の結果だったりするのね。お話とお話の間の白紙ページに描かれたカットが、どれも雰囲気よくて好きです。2017/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12346896

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。