宝島社文庫<br> 響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy

宝島社文庫
響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編

  • 著者名:武田綾乃【著】
  • 価格 ¥653(本体¥594)
  • 宝島社(2019/06発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784800258748

ファイル: /

内容説明

全日本マーチングコンテストに向けて、過酷な特訓を重ねる立華高校吹奏楽部の部員たち。1年生ながらAメンバーに選ばれた梓も日々練習に励むが、梓に相談もなくカラーガードを志望したあみかとのあいだにはしこりを残したままだった。梓の胸に蘇る、中学時代のトラウマ。そんななか、マーチングコンテストを目の前にして思わぬアクシデントが起こり……。アニメ化話題作に新シリーズ登場!
※この物語はフィクションです。作中に同一の名称があった場合でも、実在する人物、団体とは一切関係ありません。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ダイ@2019.11.2~一時休止

97
大団円って感じで終わってよかったです。本番などでは全編通じてあみかのガードの様子がほとんど出てこなかったような気もしますが気のせい?。あと表紙のあみかが両足ジャンプしているように見えて仕方ない(奥の先輩?の足が片方見えないせい?)。2017/01/21

佐島楓

55
主人公の梓の揺れ動く心がよくわかる。自分にも憶えのある感情。こういう何気ない、そして誰しも経験があるような自意識のぶつかり合いの描写がうまい。サイドストーリー的な扱いになるのかもしれないが、丁寧で好感がもてた。2016/10/04

ぶんこ

50
面白かったです。前編でトラウマとなっていた芹菜との間が後編で明らかとなったことで、芹菜への不信感が拭えてほっとしました。梓が吹奏楽部に入ったのは、母ひとり子一人の家庭で、多忙な母の負担を和らげようとした(しかも小学生で)と知ってウルウル。朝晩の食事からお弁当まで作る母は凄い。人間性は良いのに誤解されやすい梓が気の毒になってしまったのですが、最後は仲良しに戻れたのは、周囲の人に恵まれていたからでしょう。特に初心者からパートリーダー、ソリストになった未来さんが最高でした。2020/09/16

よっち

50
カラーガードを志望したあみかとの付き合い方について周囲から指摘された梓。一方で大会が近づいて厳しい練習の中で思わぬアクシデントも起きてしまう後編。強豪校ならではの容赦無いストレートなやり取りはなかなか厳しかったですが、その頑張ろうという気持ちを支えたり力を付けたことを認められる喜びもまたあるんですよね。友人たちとの関わりにも自分らしさを見出してゆく梓の物語として、もう少し先の展開まで読めると良かったですけど、そうなると尺の長さが難しかったですかね。10月にも刊行あるようですし、今後のシリーズ展開にも期待。2016/09/07

Koning

48
そして、後編。やばいメンタルの主人公だよねーとかおもってたらばそれが主題になっててヤバい(笑)。でも憧れちゃうほどの先輩と強豪校らしいツワモノどもだからなのか、って方向へ(流石に書かぬほうがよさげだ)。そしてなるほどーということで、こういう青春モノというかビルドゥングスローマンスってやつの醍醐味でございましょう。2016/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11129204

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。