GCノベルズ<br> 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 3

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

GCノベルズ
乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 3

  • ISBN:9784896378641

ファイル: /

内容説明

修学旅行中に起きたファンオース公国の襲撃。
それを撃退したリオンは、またしても出世してしまう。

そんなリオンの躍進に危機感を覚えた一部の貴族たちは、
公国と内通し彼を陥れようと暗躍していた。

そして遂には、でっちあげの罪状でリオンを幽閉してしまう。
それこそが公国の策略であることも知らずに……。

リオンというホルファート王国最大戦力を封じられたまま、
公国最大の一手が王都を襲う!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

22
再読、子爵になり聖女の親衛隊隊長になったと思ったら、公国の艦隊とモンスターの群れに単騎で撃退してしまう武力を恐れた最大派閥の公爵の陰謀によって、進攻してきた公国に通じた反逆者として全ての権力を剥奪して投獄されてしまうが、、そこは主人公の使い魔のルクシオンが相手の不正を全て取集しており逆転するが、国は公国に王都を攻められて陥落しそうになってる。それもルクシオンと主人公が撃退してしまう。また功績を立てしまったが本人は隠居を希望する。でも、国王に嫌われているせいで一番嫌がる昇進をされてしまい主人公絶叫www2019/10/23

まるぼろ

20
さて今巻はマリエの聖女就任に王国内の勢力争いに端を発したリオンの幽閉、そして公国との戦争の後半にリオンとマリエについての…が描かれたお話です。この巻での出来事でリオンがある決意をしてしまうのである意味どんどん話が重くなっていくのですが、そんな中だからそこアンジェとリビアとの婚約はリオンにとっても良かったのではと思いました。そして五馬鹿の存在もある意味癒やしになっているな…ともw 巻末のルーデの話は泣けるものがありました。次巻からはアルゼル共和国へのリオン達の留学がスタート、楽しみです。2019/11/02

しまふくろう

19
続けて購入。 表紙も挿絵も大変良い。アンジェとリビアの婚約衣装が可愛らしくて大変宜しかった。 物語はリオンが国内貴族と公国の陰謀で捕まってしまった話。ルクシオンではないけれど、この国一回滅ぼした方が良いんじゃなかろうか。 一巻でリビアから乙女ゲーヒロインの座を奪ったマリエが、作者からの妙な優遇を受けた挙句、最終的にアンジェとリビアを物語から排除して作品ヒロインの座も奪ったのがギャグなのか何なのか判断付かなくて、もう変な笑いしか出なかった。2019/10/20

こも 零細企業営業

15
上げて落とす。 公国の艦隊をほぼ単騎で撃退してしまったため、一部の貴族に恐れられ、公国の策謀に便乗して主人公を叛逆者にしてしまう。 そんな国は滅ぼそうと言い寄るAI、怪しいと思ってたと掌返しする周辺の学生。 そんなゴタゴタの中に侵略してくる公国軍。 迎撃に出るも撃退されてしまう王国軍、侵略は首都まであと少し。そこで出てくる王家のオーパーツ船、だだ搭乗口に設置された相思相愛を図るジョークグッズの為船に乗れない。 どうなるんだ!!と思ったら思わぬ結末にwwそれに落ち込む主人公が中々秀逸w2019/06/18

ささきち

11
第一部完結!百合は世界を救うんですよそれでええのですw王国と公国の戦いだが売国奴もそうだけどそれ以上に公国の過去とそれを繰り返さないために貴族の力を削るためにやったことが国力を下げ貴族に見限られ滅ぼされそうになってるのはギャグですかね?リオンとかの話は好きなんだけど貴族世界は本当に魅力がないっすな~もうちょいまともなやつが誰もおらんの?って本気で思ってる。戦闘ももう乙女ゲーとはなんだろなってくらい消え去りバトル物としてそこそこ楽しめました、ただリオン無双でなんとか勝てたのにパルトナーとアロガンツが 2019/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13523080

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。