集英社コバルト文庫<br> リダーロイス・シリーズ(5) 魔城の星竜

個数:1
紙書籍版価格 ¥534
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
リダーロイス・シリーズ(5) 魔城の星竜

  • ISBN:9784086116664

ファイル: /

内容説明

星竜(スタードラゴン)・セインが夕香里を拉致したところは、魔女・エマの城だった。そこは<東の果て半島>とよばれる辺境、風魔鳥を自由に操るエマの支配する土地だった。真白という少女が世話をしてくれるものの夕香里に自由はない。そんな彼女を救おうと翔たちは、はるばる火龍砂漠を越えてエマの城に向かうが……。そして、恐るべき真実が判明。翔の心はショックで打ち砕かれた!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

でんか

4
蔵書整理で再読中。と、いうわけで読み手にはわかっていたが、リダーロイスには、初めて真実のあかされる巻。つらいと思います。あのとき、最良と思って選択したことであったと、そう思うしかないのだと思います。2017/10/20

枯伍

3
人質にされた夕香里の落ち着いた行動がよい。真白との関係性もいいなあ。セインは今回悪役っぽく行動してますね~ リダーの知った真実は本当にどうにもならなかったと思う。彼がアムジットと知り合わなければ歴史が書き換わってしまう。あとは彼がどう決着をつけるかだ。必死で手紙を届けようとして墜ちた真白の行動力に感服。次で最終巻。2018/10/23

みきのの

3
夕香里ちゃんの前向きさに救われるけど因果がつらすぎるねえ2018/09/10

kmori299

2
再読。この巻は夕香里の無鉄砲だけじゃない行動が良い。真価発揮、という感じ。それにしても話はほとんど覚えているのに、それでも面白いというのがすごいなあ。2018/07/28

そーらん

1
辛い現実がリダーの知るところとなって、一緒に胸が痛む。龍といえど、間違えることもあるのだという彼らを責められたらどんなに良かっただろう。けど、過ぎてしまったことを変えてしまうこともまた、過ちを繰り返すことになるというのがなんとも。2014/08/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572007

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。