集英社コバルト文庫<br> リダーロイス・シリーズ(3) 扉を待つ姫

個数:1
紙書籍版価格 ¥544
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
リダーロイス・シリーズ(3) 扉を待つ姫

  • ISBN:9784086116107

ファイル: /

内容説明

ミズベ国に平和をもたらし、地龍との約束もはたしたリダーロイス(翔)。行方不明のままの姉王女フロルメイを捜すべく、再び地球界へ旅だった。従うのは、伝承者ラシェン、剣士ハイレオン、魔法使いセトの3人だ。だが、フロルメイを捜す者は、ほかにもいた。悪の魔女エマと親しいスタードラゴンだ。セインという少年に姿を変えた彼は、青夏と名のる王女に接近する…。大好評ファンタジー第3弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

でんか

4
蔵書整理で再読中。あいかわらず、グイグイ読ませてくれます。この巻は、リダーロイスの姉姫フロルメイ王女の話。ほかにも、星龍のダリュスセインが出てきたり、重要人物多数です。なぜエマは心臓石を集めようとするのか?等々、謎は次巻へ。それにしても、この物語はみんな、ちゃんとキャラが立っててすべきことをするひとばかりなので読んでて気持ちがよいです。そして、全巻通してなのですが、由羅カイリさんのイラストがきれい。本巻の表紙が一番好きだ。2017/10/20

みきのの

3
昔は図書館で済ませたので電子書籍で購入、再読中。お姉さんの方の話。このへんは忘れてました。リダーロイスとゆかりちゃんの距離感好き2018/09/10

kmori299

2
再読。ああそうか、こういう話だったんだねえ。夕香里の気持ちの書き方が良い。大人になってから読むとちょっと直接的過ぎかなと思わないでもないけれど、「血が凍る」という言葉を本当に凍結してしまったと読み違える年代向けなので、これはこれで良いんだろうなあ。2018/07/26

なふ

2
この巻のカバー絵のフロルメイがとても美しくて好き。2016/02/20

emi

2
フロルメイが意外とサバサバした姐さんでよかった。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572005

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。