中公文庫<br> 化学探偵Mr.キュリー6

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

中公文庫
化学探偵Mr.キュリー6

  • 著者名:喜多喜久【著】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 中央公論新社(2017/06発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784122064119

ファイル: /

内容説明

四宮大学にアメリカから留学生が来ることになった。彼女は十六歳で大学に入った化学の天才・エリー。沖野の研究室で天然素材「トーリタキセルA」の全合成に挑むことになるが、天才コンビ沖野&エリーにしても最終段階で合成に失敗してしまう。原因を調べていくと、大学内でのきな臭い事情が絡んでいることが見えてきて……? 45万部突破の大人気シリーズ、初の長編が登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

147
短編で読むキュリーシリーズとは違って、沖野先生が自分自身のことで悩むなどというのは、シリーズで最初の出来事ではないだろうか。全編にあふれるエリーの天才ぶりよりも、沖野の苦悩に心を動かされた。科学の世界にも政治力というものが働くのだろうが、ガリレオを引き合いに出してまで、科学者の正義を貫こうとした沖野の姿には感動。さすがに長編は大きな感動を味わうことができる。2017/07/28

ダイ@2019.11.2~一時休止

115
シリーズ初の長編。ミステリーよりも青春要素多めかな?。個人的にはこのシリーズでは短編集の方が好き。2017/09/12

がんも

92
Mr.キュリー初の長編。研究者って好きなことして生活出来て良いな〜なんて思ってたけど、研究の結果を出すための競争やまわりの妬み、プレッシャー、すごい環境で研究してたんですね(T ^ T)沖野先生も舞衣ちゃんもよく動いていて、長編とても楽しめました、次巻も長編が良いなぁ〜2017/06/25

ハゲおやじ

90
久しぶりのシリーズを読了。今回は、長編だった。他の方がレビューされている様に事件を推理する感じは少なくなっている。エリーの意味深な登場とかで ちょっと複雑な事件が発生か?と思ったけど、悪くいうと恋愛小説って感じだった。二見の逃げまくりや和田の根性悪さはイラついたが、沖野の葛藤には今までと違う感じで親近感が湧いた。ラスト手前の人探しで過去に登場した人がチラチラ出てきて「このシリーズ終了?」って感じ。エリーの秘密[罪]って(失礼な話だが)肩透かしだった。私が、おかしいと思うけどね…。 研究者って凄いなぁ。2017/09/26

yu

87
Kindleにて読了。まさかの長編だった。長編は長編で面白かった。2019/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11903923

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。