中公文庫<br> 化学探偵Mr.キュリー5

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
化学探偵Mr.キュリー5

  • 著者名:喜多喜久【著】
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • 中央公論新社(2016/12発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784122063259

ファイル: /

内容説明

化学サークルによる「甘い物質」合成対決。サ行の発音がおかしくなった同級生の秘密。四宮大生を狙う奇妙な仮面の男の正体。協力して事件の解決に当たる沖野と舞衣は、ひょんなことから理学部の冷蔵室に閉じ込められてしまった。暗闇&低温の極限状態から脱出する術はあるのか!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

159
年末になって書店の店頭で発見。これは読むしかありません。約2時間で一気に読ませていただきました。化学知識を順当に生かしたストーリーが、何とも味わい深く、シリーズに安定感を感じます。ラストは謎解きではなくて、極限状況からの脱出劇。ここにきて舞衣ちゃんの思いが複雑にゆれてきているのがわかります。心理学的にはよくある話だけど、さすが沖野先生は頼りになる人ですね。2016/12/30

takaC

120
この感じだと同じ調子で第6巻に続くわけね。そういう事情なのでしばらく恋愛イベントの急進展は期待できないと。2017/03/25

yu

112
Kindleにて読了。さくさくと読めるシリーズ。二人の距離が近づいた回だった。2019/10/22

ハゲおやじ

109
人が死なないほのぼのした内容で私は好きなシリーズだ。多くのキャラクターが出てきて、今作も「おっ!」って感じの忘れかけていた人も出てきた。でも、”化学探偵”から少しづつ離れつつある様な気がする。1作目の様な「へぇ~。」が減っていると言うか・・・。逆にやっと舞衣との関係が進み始めそうな感じで気になる。(最後にチョロっとだから次作に期待か?) 寒い中で女性があんなに尿意を我慢できるんだろうか?等とどーでも良い事を ふと思ってしまった。さて、次はもう少しスピードを上げて読める本にしようかなぁ。2017/02/10

ダイ@2019.11.2~一時休止

107
連作短編集。小説の中で2年目開始。甘味のやつはこのトリック知ってるって事でニヤリ。恋模様も進展していくのか?2017/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11239354

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。