中公文庫<br> 化学探偵Mr.キュリー2

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
化学探偵Mr.キュリー2

  • 著者名:喜多喜久【著】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 中央公論新社(2014/08発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784122059900

ファイル: /

内容説明

鉄をも溶かす《炎の魔法》、密室に現れる人魂、過酸化水素水を用いた爆破予告、青酸カリによる毒殺、そしてコンプライアンス違反を訴える大学での内部告発など、今日もMr.キュリーこと沖野春彦准教授を頼る事件が盛りだくさん。庶務課の七瀬舞衣に引っ張られ、嫌々解決に乗り出す沖野が化学的に導き出した結論は……!? 大人気シリーズ第二弾が登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

277
すでに「3」も出ているので、つん読の「2」をあわてて読む。第1巻ですでに慣れた世界なので、すらすらと読めて、大変おもしろく読了しました。いわゆるキャラが立った世界ですね。堅物で面倒くさがり屋、という印象の沖野先生にも「おや?」という変化が……。これだからシリーズものというのは目が離せない。しかしまあ、いろいろと考えますね。唯一化学知識がなくても、何となく見当がついたのが第4話。とはいっても、さらなるヒネリについては、さすがに見破れませんでした。これだからねえ、大学という世界はいろいろあるもんだと。2015/07/16

takaC

190
化学と関係あるようなないような感じの事件簿風短編集。これを化学探偵と呼んではいけないような気がするがまあいいか。シリーズ基本設定が概ね固まったみたいだから量産ヨロシクよしひささん。2014/11/20

yu

141
Kindleにて読了。シリーズ2作目。さくさくと読める!2019/09/15

kishikan

130
喜多さんの化学(科学じゃない)探偵Ⅿrキュリーシリーズ第2弾。短編5話もので、今回も大学庶務課の何にでも関心を持ち事件を呼び込む七瀬舞衣とキュリーこと沖野准教授とのコンビで事件解決する学園ミステリ。舞衣が持ち込む様々な事件を化学をキイとして謎を解き明かすところが喜多ミステリの真骨頂。でも化学というと「ちょっと」と思う人もいるかもね。でも心配ご無用、それ程化学の知識は必要なく(ガリレオみたいなもの)、かえって化学が好きになってしまう。化学ど素人の舞衣と化学者沖野との絡みがユーモラスで楽しい。第3弾にも期待!2016/01/05

た〜

129
入手が遅れて4巻の後になってしまった。このシリーズの中では市場野茂白かった。シリーズ初期の勢いとこなれてきた人物像のバランスが一番良かったように思う。しかしこの作者の作品は長編のほうがじっくり読めて好みだな。2016/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8136056

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。