昭和二十年第9巻 国力の現状と民心の動向

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

昭和二十年第9巻 国力の現状と民心の動向

  • 著者名:鳥居民
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 草思社(2017/04発売)
  • Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍 5000円以上でボーナスクーポンGET!(~7/3)
  • ポイント 375pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794221841

ファイル: /

内容説明

5月31日、美濃部、迫水、毛里らの経済官僚は御前会議のために「国力ノ現状」をまとめようとする。
石炭、鉄鋼、航空機生産、塩や大豆など、資源の危機的状況が浮き彫りにされる。
朝日新聞ベルリン特派員守山の敗戦ドイツのレポートを識者たちはどう読んだか。
広田は箱根強羅でソ連大使マリクと何を話したのか。政府内では内大臣木戸を逐おうとする動きが潰され、木戸は初めて終戦への政局転換の必要性を認識するに至る 。