涙雨とセレナーデ(2)

個数:1
紙書籍版価格
¥726
  • 電子書籍
  • Reader

涙雨とセレナーデ(2)

  • 著者名:河内遙【著】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • 講談社(2016/10発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063930498

ファイル: /

内容説明

【無料試し読み閲覧期間2024/6/14~2024/6/26】
明治40年にタイムスリップした女子高生・陽菜は、御曹司の孝章に助けられ、自分とそっくりな少女・雛子のもとで居候を始める。許婚の雛子に想いを寄せる孝章と、正体を隠したまま、孝章に惹かれはじめる陽菜。時をこえて廻りだす、切ない恋のトライアングル。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

英知@マンガ専用

39
やっぱり小さい頃に会っていたのは陽菜だったんだね!孝章への想いが強くなっていってる陽菜だけど、孝章もどんどん陽菜に惹かれてるよね。ただ、孝章の中では雛子なんだよね。。。何これ、切ない(;_;)タイムスリップの鍵は、おばあちゃんから貰ったペンダントみたいだけど、そのペンダントを探してたらなんだか厄介事に巻き込まれて大騒動になってきた(´-﹏-`;)てかさ、あんな風に助けに来てくれたら惚れるしかないよね!2018/01/28

パンジャビ

28
1年お待ちしておりました。その間に作者さんの他作品(夏雪)読んだけど、やっぱ涙雨の方が断然好き。孝章様につきますよ!幼い頃に出会った陽菜の事が好きだったんだなーだとしたら、お見合いで出会った雛子の態度に心痛めただろうなぁ。おいたわしい…涙。今回は陽菜と孝章様が一緒に行動するシーンが多くて楽しかった。しかも孝章様お強い!願わくば、孝章様が幼い頃に出会ったのは、雛子ではなく陽菜であった事が伝わった上でのハッピーエンドがいいけど、タイムトラベル物だし、切なくなる要素はたっぷりだからな…次はまた1年後。忍耐じゃ。2016/10/30

すみの

25
祖母の形見のネックレスはどんどん陽菜を過去の時代に縛り付けるというか、現代へ帰りにくくしている。そして陽菜を助ける孝章の優しさに気付く彼女自身。時空を超えてどうにかなってほしいな。2016/12/07

りっつ

23
一緒にいると相手をどんどん好きになってしまうよねぇ。"陽菜"の言動によって孝章がますます"雛子"のことを好きになってしまうのが切ない。続きが早く読みたいけど、年1ペースなのね…。2016/12/02

るぅ

21
前巻から空いちゃったから話を忘れかけてたわ。読んでるうちに思い出したけど。孝章さん、早く雛子が陽菜だと気づいて!2016/11/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11159078
  • ご注意事項