プリンセス・コミックス<br> 紅霞後宮物語~小玉伝~ 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥499
  • Kinoppy
  • Reader

プリンセス・コミックス
紅霞後宮物語~小玉伝~ 1

  • 著者名:栗美あい/雪村花菜
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 秋田書店(2016/09発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253273213

ファイル: /

内容説明

不世出の軍人と謳われる女将軍・関小玉はかつての相棒にして現・大宸国皇帝である文林の懇願を受け、ある日突然、後宮の頂点である皇后となるが……!? 規格外ヒロイン、いざ女の戦場に出陣!! 軍人皇后の型破りシンデレラストーリー、開幕!!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

51
やべえー!ハマる!!( •̀ㅁ•́;)2019/12/17

exsoy

33
女将軍が皇后に。古代中国って残忍というか、容赦ないよな…2020/12/06

はな

32
小説よりもわかりやすい。なにより、無口な文林の表情がわかるからいい!小玉はほんと、無自覚なひとたらしだな〜。男より男らしい。はっきり言って、皇帝よりかっこいい皇后様。2020/06/07

よっち

32
原作は読了済でふと気になって手にとってみた一冊。この巻は高貴妃の処罰までで1巻1冊くらいの進み具合なんですかね。情報量的にどうしてもいろいろ端折られている部分はありますがうまくまとめられていて、個人的には原作での登場人物のビジュアルイメージがあまり明確でなかった分、新鮮な気持ちで読めました。2017/02/20

ももたろう

26
副官だった部下が皇帝となり、上官だった主人公が後宮に入るって、なーんてステキな設定なんでしょう~!精霊の守り人のバルサとかベルばらのオスカル様が好きな私の好みにピッタリでした。原作未読だけどおもしろかったー(*^^*)小玉(しょうぎょく)が姉御でおかんで豪傑で…天然で人たらしでかわいくて色っぽくてもうサイコー!まわりも魅力的な人ばかりです。鴻かわゆい~ぽちゃぽちゃだよ~。梅花ははホッとする~。清喜はカルいしチャラいね~。政治的なお話しもいろいろ気になるけど、とっても明るくて華やかで楽しかったです。2016/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11107387

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。