プリンセス・コミックス<br> 紅霞後宮物語~小玉伝~ 12

個数:1
紙書籍版価格 ¥499
  • Kinoppy
  • Reader

プリンセス・コミックス
紅霞後宮物語~小玉伝~ 12

  • 著者名:栗美あい/雪村花菜
  • 価格 ¥473(本体¥430)
  • 秋田書店(2021/09発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253275477

ファイル: /

内容説明

隣国・寛との戦いはもう一方の隣国である康が急に参戦してきたことにより、混沌と苛烈をきわめ、そのさなか小玉の命は尽きかけてしまう。だが死の淵にあった小玉のもとに、文林が駆けつける。生きるか死ぬかの戦場で、すれ違い続けた小玉と文林の二人は遂に互いを特別な存在と認め合い、そして生きることを諦めなかった小玉は遂に…!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うさぎや

4
本格的にオリジナル展開になっております。丙と馮貴妃、これはロマンスくるか……!?2021/09/17

毎日が日曜日

3
★★★ 大分原作から離れてきたな。2021/09/18

アトリアーナ

2
ああ,いいわぁ.半オリジナル化がますます進行してるわけだけど,今のところ大筋は変えず(まぁ,変えんか),ビハインドストーリーテリング的な手法だけど,それが成功してると思うね.原作で,将来のこととして匂わされてるアレってこういうことから始まってたわけか...的で,おもしろい.個人的には,さらに進んで,例の部分の前の時点から分岐して完全オリジナルになってもらいたいなぁ.まぁ,それって難しいかもしれんけどさ.2021/10/11

美和

2
馮貴妃と丙君が一貫して哀れ。2021/09/21

つぐつぐ

1
小説とは別ルートを進んでいるがそれが良い感じ こちらもかなり好みだが、そろそろ気合を入れて小説版も読むかな~(重めなところで止まってるので気合が必要だ)2021/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18313992

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。