地獄堂霊界通信(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

地獄堂霊界通信(4)

  • 著者名:香月日輪【著】
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • 講談社(2016/07発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062934022

ファイル: /

内容説明

工事現場で見つかった宝石のような石。時同じく、イラズ神社の神官は保管する二つの美しい石によく似た黒石を拾う。夢枕に現れた悲しげな女に助けを乞われた神官は、不思議な霊能力をもったワルガキ“三人悪”に相談する。辛い過去から彼女を解放することができるのか。心優しきやんちゃ盛りが贈る冒険物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カピバラ

28
遥か昔に読んだ本の、復興文庫版。人魚の話もスポーツカーのお母さん霊の話も切ない。小学生で読んだ時は、降霊したお母さん霊の怖さにガクブルしたのを覚えてますたい。続きが早く出て欲しいな〜。2016/05/16

てんつく

16
マッキー、イイ人。素敵な彼女を~。香月節は健在。説教臭いとは思うけど、正しいし、納得も出来る。そんなことに気付ける三人悪と周りの人達が羨ましい。2018/06/22

よっしー

13
マッキーの男ぶりが上がった一冊。色々と振り回されて、良いように使われていると感じる部分も多々ありますが、最終的には自らの思いで動いてるのが良いですね。もしかしたら、若い頃はミッタンに振り回されてた?(笑 「高速の魔」は、私も車を運転する身なので、凶器を動かしているものとしての責任感を改めて問われたように思いました。俊久父ちゃんの言葉、覚えておきたいですね。2020/05/24

小梅さん。

12
人魚の話、美しいけれど切なかった。 次のお話の敵?は自動車事故を誘発する幽霊?と思いきや、という展開でびっくり。 由緒正しい?ガキ大将という感じの3人は、本当にいかしてる。今後の活躍も楽しみでたまらない。 ところで、人魚を封印した人ってのは、もう出てこないのかな。 2017/02/02

カゲツナ

9
謎の卵形の石。謎の女性。そしてワルガキ三人悪。これは切ない話でしたね。 もうひとつの話の魔女のルカもいいですね。 今回も面白かった。まだまだ続編あるんだろうな。そんな終わり方だったから。あるよね確か。 天国の香月さん、ありがとうと言いたいですよ。^^2016/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10899032

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。