少年チャンピオン・コミックス<br> AIの遺電子 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

少年チャンピオン・コミックス
AIの遺電子 2

  • 著者名:山田胡瓜
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 秋田書店(2016/07発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253220972

ファイル: /

内容説明

人が与える運命に、機械の心が軋む。機械が選んだ未来に人の心が震える。彼らは道具か、友人か……。多様な「知能」に手を差し伸べる人工知能専門医、須堂の物語、全11編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

momogaga

40
レンタル。ヒューマノイドと人間が共生する社会。まさにユートピアです。スマートフォンと次なる進化形のインプラントが自然に使われている。近未来は「ブレードランナー」の世界とは正反対に進むのかな。2019/05/09

JACK

22
◎ 人工知能専門医、須藤の物語。「ヒューマノイド」は人間の脳を忠実に再現した人工知能を持ち、人間と同じような権利を持つ。「ロボット」は機能を制限された人工知能を持つ。「産業AI」は道具として作られ、人間をサポートする。それぞれは自我或いはそれに近いものを持つが、彼らは道具か、友人か。人工知能へのハッキング、事故で身体を失って仮の身体に移し換えられたヒューマノイド、人間とヒューマノイドの間の差別、違法AI、パートナーに寄り添うための延命など、様々なエピソードで人工知能が当たり前になった世界が描かれます。2016/07/18

buchipanda3

15
ヒューマノイドと人間が普通に同居した社会を描いた近未来SF漫画。1話1話は短いがツボを得ており、話が多彩で今巻も楽しめた。発想力が豊かな作者さんだと思う。技術の進歩で、より人間に近づいたヒューマノイドたち。彼らの日常で起きた出来事を綴っている。見た目だけでなく思考や行動も人間っぽい彼らだが、電脳化という決定的な違いがある。ボディ交換が可能だ。しかし交換して何事も無い訳ではないようだ。専門医である須藤により救われる彼ら。複雑な思いが感じ取れた。ラスト2篇とリサの話がお気に入り。あとモノリスボディの動きも。2016/07/23

流之助

13
人間、ヒューマノイド、ロボットを区別して描かれるもの。それは、心という極めて不安定で不確かなもの。でも、読んでいる人間の私は、そんな曖昧なものに触れるたび(触れたと感じるたび)、温かい気持ちになる。毎回考えさせられる短編が続くけど、読後にほっこりしたり、悲しいけど幸せな結末を迎えたりする話に惹かれた。2017/05/07

書の旅人

10
人の痛みや想いは、自分ばかりのものではない。目の前の人にもまた、痛みや想いはあるのだ。当たり前のことなのに…、忘れ去られてきている……。今一度、思い直そう。2016/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11032707

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。