少年チャンピオン・コミックス<br> AIの遺電子 3

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

少年チャンピオン・コミックス
AIの遺電子 3

  • 著者名:山田胡瓜
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 秋田書店(2016/10発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253220989

ファイル: /

内容説明

「やる気」を出させるウイルス。オーラを信じるヒューマノイド。仮想空間でしか会えない彼女。コピー人格の思いがけぬ人生。技術がもたらす未来の暮らし。その時、人の心は……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

momogaga

42
レンタル。ヒューマノイドなのに、生身の人間みたいに老化、ストレス、後悔、そして権利をもっている。ストーリーに登場するのも人間が少数派だ。主人公は人間だが、育ての親はヒューマノイド。こんな未来があっても不思議でない。2019/05/09

JACK

19
◎ 人間と、人間に似せたヒューマノイド、人間に似せていないロボットが共存する社会で、人工知能の専門医、須藤がロボットやヒューマノイドの治療を行うSFオムニバス。オーラを信じるヒューマノイド、昔別れた彼女と再会できる電脳空間、やる気を出させるウイルス、人工知能のコピー人格が送る人生、職人の技術を学ぶヒューマノイド、ラーメン屋のヒューマノイドの親父が選んだ舌のバージョンアップ、AIの謝罪には誠意が無いとわめくクレーマーetc...。週刊連載でこれだけ多彩なエピソードを描いている事に驚かされます。2017/01/08

buchipanda3

14
ヒューマノイドと人間が普通に同居した社会を描いたSF漫画。今回もさらりと近未来社会の歪みなどが描かれている。技術が進歩して出来なかったことが可能になると、一方で新たな問題が出て来る。中には倫理的にどうかと思える問題も。人格コピーの話が何とも怖かった。コピー者の身勝手と思えるケースは居たたまれない結末に。主人公の母親の方は致し方ないケースだったのか。ただ、ヒューマノイドと人の共存には悪い面ばかりじゃないという話もあり、ホッとさせられる。パーマ君と同級生らの互いの心遣いが感じられる話はとても清々しかった。2016/10/09

Die-Go

9
レンタル2017/05/04

紫雲寺 篝

8
今巻も一話完結のSF医療漫画。人間、ヒューマノイド、AI、ロボットなど、多様に進化する社会の中で、人間と違う物は、何が違い、何が同じなのか、と言うところを突いてくる。アップデートや、バックアップ、記憶の修復やコピーなど、当然人間は出来ない。それがヒューマノイドだと、出来ないことはない。それは素晴らしいことかも知れないが、そうでないかも知れないのだ。また、人が何かを人に与えたり貰ったりする時、与える方と受け取る方とで、思う事が違う事を考えなければならないのだよな。人格とは。心とは。そういう事を思わせられる。2016/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11158513

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。