一迅社文庫アイリス<br> 聖鐘の乙女 14 愛の指輪と滅びの神歌

個数:1
紙書籍版価格 ¥618
  • Kinoppy
  • Reader

一迅社文庫アイリス
聖鐘の乙女 14 愛の指輪と滅びの神歌

  • ISBN:9784758045155

ファイル: /

内容説明

父親の楽譜を探すため男子音楽学院に入学したはずが、サリアン王子のお気に入りになったことで王位争いに巻き込まれてしまったアティーシャ。王子の館での襲撃事件がきっかけとなり、視力が回復したネイトとアティーシャは、連絡が途絶えた王子を追い王宮に向かうことに…。そこで彼女たちを待っていたのは、学院を去ったアティーシャを心配する仲間たちとの再会と、王宮に隠された驚愕の真実だった――。男装乙女の男子学院ライフ★第14弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

フキノトウ

26
サリアン大好きのエルシオン王子(変態)がとっても不気味なんだけど、アティーシャと気の抜けるような会話をしてたら、ちょっとは救いようのある人かも・・・と思ってしまった。この巻でもサリアン奪還計画続く!で終わると思ってたのに、スルスルと話が進んで、また良いところで終わりでした。アティーシャの唄う見せ場がたくさんあり、唄うのが楽しい!という気持ちが伝わってきて読んでて(わりと緊迫した場面なのに)楽しかった(*´∀`)♪気持ちが通じあったアティとネイトのあまあまな場面がもっともっと読みたい!2014/06/19

ダージリン

17
しょっぱなのすっかり調子を取り戻したネイトさんが嬉しい(笑)。表紙の方々との再会も。そして、一気にストーリーが加速! 次が待ち遠しいんですけど・・・。2014/02/27

葉月たまの

14
幸せ~♪。この物語と出会えて、良かった! 面白かった! と言ってもまだラストに1冊、あるけどね><。残り1冊、読み終わるのが勿体無いけど……でも、読む! この本に出てくる全ての登場人物、大好きだった><。敵役のエルシオン王子すら愛しく思える! 次の最終巻も読むぞー! 最終巻読み終わるまでは例えどんな災害がもし起こったとしても、死んでも死にきれん! それくらいの覚悟で読む!2014/11/11

はなりん

11
冒頭のネイトさんの甘々から始まり、サリアン様の驚愕の逆転劇、そしてラストは、えっーってところで次巻へ。急速に話が終わりに向かって動いている。王宮のゴタゴタだけかと思いきや、フィスハの方も急にラストスパートって感じです。それにしても、ネイトさんの心の葛藤がおいしすぎる^^。次巻でラストとのこと。続けてさぁ読もう。楽しみ!2014/06/29

ゆん

10
冒頭からなかなか引き込むなぁって思いながら一気読み(笑)久々に思いっきり歌うアティだけど、それも色んな思惑がらみで…ネイトのデレっぷりも楽しめると言うか、そこまでしときながらの言い訳が見苦しいぞとか、キラキラのサリアン様は意外に腹黒かったのかとか…かなり楽しめた一冊(笑)さて、次はどうなるのかな2014/07/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7747874

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。