一迅社文庫アイリス<br> 聖鐘の乙女 11 黄昏色のリボンと白鳥の唄

個数:1
紙書籍版価格 ¥618
  • Kinoppy
  • Reader

一迅社文庫アイリス
聖鐘の乙女 11 黄昏色のリボンと白鳥の唄

  • ISBN:9784758043052

ファイル: /

内容説明

「貴方は我が主の思い人です」父親の楽譜を探すため、弟のふりをして男子音楽学院に入学したアティーシャ。修道院での告白以来、アティーシャはサリアン王子から熱烈に口説かれ、王子の護衛であるネイトにはよそよそしい態度をとられるようになってしまう。何度か命を狙われたことで、自分がネイトたちの負担になっていると感じていたアティーシャは学院を去る決意をして――!?男装乙女の男子音楽学院ライフ★第11弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダージリン

17
物語が怒涛の勢いで進行!とんでもないところで終わってるし~。アティーシャの健気さには涙が出ます、ネイトさんには何と言っていいか・・・がんばれ?(笑)。 今回はリキシス先輩とバルムンドさんが良かった。次巻を早く~!!2012/06/11

葉月たまの

15
ジェッツ先輩が何考えてるか、わからなーい><。てっきりストレートにアティーシアさんが出て行くの妨害してくるかなあ、と思ったら、何もしないし><。リキウス先輩はもうすっかり応援モード、入っちゃったね、残念><。サリアンさまはちょっとヤン入ってる、怖い(笑)。2014/10/24

TAMA

7
サリアン本気なのかしらん。だとしたらば性格似た兄弟だなあとか。あんまり何してもハイとしか言わないから意地悪しているのでは。のご意見に賛成なのだけど、上に立つもののすることでない2014/09/27

7
サリアン様の猛攻はもうちょっと手加減してあげてってくらい粘着ですね。そしてネイトさんは……うああ……確かに彼もまだ17歳なんだよなあ。しかしアティがいろいろとばっちりすぎて可哀想にもほどがあるよ……本人に責任あるところもあるにしてもさあ……2014/09/09

ぽいふるん

7
やっとここまできたのね。 そしてまだ未完だったことに気がついてショック。 最後が知りたい一心で読んでたのに~2013/12/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4774312

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。