僕はビートルズ(9)

個数:1
紙書籍版価格 ¥597
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

僕はビートルズ(9)

  • 著者名:藤井哲夫【原作】/かわぐちかいじ【漫画】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2013/05発売)
  • 今日はサイバーマンデー!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063871012

ファイル: /

内容説明

後楽園コンサートの成功を受け、ロンドンで行われるミュージックコンベンションに参加することになった「ファブ・フォー」。渡英した4人はコンベンションの前に、自分たちの演奏を評価してくれたブライアン・エプスタインに会うためリヴァプールを訪れる。エプスタインの希望により、ビートルズの聖地「キャバーン・クラブ」で演奏することになった4人。ビートルズを作った男と呼ばれたブライアン・エプスタインの真意は!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

exsoy

8
マキさんはひどい裏切りを受けたにもかかわらず、4人を守ろうとしてくれた。すごい。2012/07/16

べべっち

7
ビートルズのプロデューサーも出て来てクライマックスへ加速!2017/09/30

hibimoriSitaro

3
ReaderStore。プロペラ旅客機で渡英して,さあエプスタインと対面だ。しかしマキさんがあれでは破綻は必至……?2016/11/26

りなみ

3
物語はクライマックスへ!2012/05/09

ぐうぐう

3
タイムスリップものにおける歴史の改竄について、『僕はビートルズ』は、大胆でありながらも、実に誠実だ。ファブ・フォーがビートルズになろうと決めたその瞬間から、彼らはビートルズという巨大な存在を背負うことを覚悟する。エプスタインとの邂逅からも、彼らは逃げない。そしてその先に、本物のビートルズがいるかもしれないことからも。2012/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4712010

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。