さばげぶっ!(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

さばげぶっ!(1)

  • 著者名:松本ひで吉【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2014/07発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063643114

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

モモカ15歳、サバゲ(サバイバルゲーム)始めました。史上初! サバイバルゲーム×美少女×コメディ!!! 少女には向かない部活動、スタート! モモカは転校慣れした女のコ。表向きはイイコだけど、内面はかなりの毒舌派! こんどの転校では、初日から学園のカリスマにしてサバイバルゲーム部部長である美煌(みおう)につきまとわれちゃう。実はモモカには、かくされた銃の才能があるらしく!? 前代未聞のサバゲコメディ、登場!

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

exsoy

31
少女マンガかよ!このマンガのおかげで小学生女子の間でサバゲーが大流行!…しないだろなぁ…2015/01/01

月子

19
無料だったので。人気だと聞いていたので期待していましたが、普通でした。そこまでギャグマンガ好きじゃないからかな?気軽に楽しむにはよさそう◎2014/09/03

白義

9
おそらく本邦初のサバゲーを題材にした少女漫画、それもただの少女漫画ではなく、なかよしという小学生女子をターゲットにした少女漫画なのだが、果たして内容は児童号泣もののいい意味でひっどいギャグ漫画、絵柄こそ確かに間違いなく掲載誌に合わせているがナチュラルにゲスな登場人物たちに滲み出るサバゲー分、一巻はまだまだ大人しいものの発想がなんというか、煮詰まって気が狂った大学生と言われたほうが納得しそうなノリのギャグなのである。この頃は掲載誌に合わせる努力をしたのか自然とファッション要素も出るが、最後は女装オチで台無し2017/04/28

オザマチ

9
電子書籍の無料試し読み。サバゲは一回しかやったことがなかったけど、跳弾の話などは「あるある」だった。少女漫画だったのか、読み終わるまで気づかなかった。2014/10/11

☆kubo

8
ほー、これを「なかよし」でねぇ。時代は変わったな(笑)2014/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3254246

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。