さばげぶっ!(13)

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

さばげぶっ!(13)

  • 著者名:松本ひで吉【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2017/04発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063915426

ファイル: /

内容説明

~~テレビアニメ化で大ブレイクの女子高生「サバゲ」コメディ、ここに完結~~ マヤ・かよ・うらら・美煌と、部員たちを一人ずつフィーチャーしていく最終巻。ゲスかわ女子高生のサバイバルな日常、これにてハッピーエンド!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

辺野錠

2
一人ひとりにクローズアップした話をやるのが最終巻らしかった。サバゲ部なのにサバゲをやっていないという問題が美煌回で突っ込まれるのが良かったポイント。最終回モモカが転校するという展開はベタだが元々転校が多いという設定だったので逆にそれが回収されて良かった。これまでのマニアックな人々を含むキャラ再登場も感慨深い(そしてからあげレモン氏は免許持ちだったのね)。俺はアニメから入りイベントにも行った。切り絵も作った。だから万感を込めてこう言う。アバヨ、ゲスかわガールズども!2017/05/17

即身仏

0
個人的にはとても面白い漫画だとは思ったけど、少し型に嵌った展開が見受けられたのと掲載誌が少女向け雑誌であり、ジャンル的には結構浮いていたのが厳しかったか。この漫画が終わったのは残念でありますが、久々に購入した少女漫画でもあり間違い無く充足感はありました。面白い漫画でした。2017/09/23

ヨックモック

0
中盤のハイテンションっぷりに比べると失速したままだったけど、多少は名残惜しい。貴重なサバゲ漫画がひとつ終わった…最後にサバゲ描写あったのいつだろう/さくちゃん推定30歳越え可愛い。もっと本編で活躍して欲しかった/最終話ですら出てこなかった豪徳寺さんの彼氏は抹消されたのか?/電極で笑う豪徳寺さん。この作家の描くババアって差別化されてない/「イイカ、パースノトリカタハダナ」/「ていうか、むしろかけそばだからこそわかるこの美味しさ!厳選されたそば粉!店主の腕が光るのどごし!」/メインヒロインは結局部長だったのか2017/05/23

ネリ

0
さばげぶらしい終わり方だった。かよのいろんな変顔が見られてよかった!2017/04/18

キタハチ

0
最終巻も主人公たちが相変わらずゲスくて、面白かった。2017/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11599241

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。