惡の華(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥495
  • Kinoppy
  • Reader

惡の華(2)

  • 著者名:押見修造【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2012/04発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063843705

ファイル: /

内容説明

大好きな佐伯(さえき)とデートすることになった春日(かすが)!だが仲村(なかむら)から、デートの時に盗んだ体操着を着ていくよう命令され、不安を抱えながら、当日を迎える。春日と佐伯のあとを、ひっそりと付いてくる仲村。彼女を気にしつつも、順調にデートを進める春日に仲村が出した、更なる命令とは……!?

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

163
仲村さんにそこまで唆されるとは、、、それも若さなんだろうなぁ。佐伯さんとは純粋に仲良くして欲しいな。2018/07/18

kanon

65
この狂気。最後のシーンでは狂気だけしか感じ得ることは出来ない正直。果たしてああなってしまったのは仲村がやれといったからなのか……それとも、自分のどこか心の深いところにあるなにかが招いたことなのか……でも正直どちらでも構わない。だって行動に移してしまった時点で、もう全ては決定されているからだ。う~ん、春日の本心は一体なんなのだろう。佐伯さんがただ単純に好きで純粋でプラトニックな交際をしたいという願望があり、でも仲村に見放される?のも嫌だ…なんだこれは。単純に考えれば二人共好き、ということになるのだがどうか。2014/01/16

イーダ

46
仲村さんの中二病度が増してるなー。佐伯さんが春日くんを好きになった理由は仲村さんをかばっただけじゃないような気がするのだけど、混迷の度を深めつつ続きは次巻へ・・・2015/04/21

海猫

44
読了。2013/04/10

ソラ

37
C:誰しも変態的な部分はあると思うけど、こんな風に表出すというのは本人にとってはかなりしんどいだろうなと思う。2013/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/648991

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。