サンデーGXコミックス<br> ブラック・ラグーン(8)

個数:1
紙書籍版価格 ¥586
  • Kinoppy
  • Reader

サンデーGXコミックス
ブラック・ラグーン(8)

  • 著者名:広江礼威【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2013/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091571403

ファイル: /

内容説明

主人の仇である米特殊部隊を抹殺するため、再びロアナプラに現れたロベルタ。一方、その米特殊部隊潜伏の目的が分からない張は、この街への米国の干渉を避けるため暴力教会へ赴き、そこである人物と連絡を取る。“彼女”は米国の組織の人間にも関わらず、利害の一致する張に情報を提供してくるのだが、それを聞いた張は…

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鱒子

27
ロベルタが米軍を追い、南米組織がロベルタを追い、そして主人公たちもロベルタを追う。エダの背後の巨大組織も動き、バラライカ率いる旧ソビエト遊撃隊まで現れて、ロアナプラ大爆発!!2017/11/20

ソラ

27
ついに開戦。これをロックはどうやって収めるのか。最後にはバラライカも出てきたし2014/11/16

くたくた

25
エダ姐さんひょっとして無双?張のアニキを「白紙扇」(軍師)と呼んだり、チンピラと呼び捨てたり。あの、ちょっとお人柄が違ってません?ほら、グラサン忘れてるよ?それにしても、登場人物それぞれに含蓄ありすぎで、いくらでもサイドストーリーが広がりそう。ほぼ常夏であろうロアナプラでスーツを着込みトレンチコートを羽織る二人の巨頭会談。こちらも二人の過去が気になる。

カッコー

18
ついに猟犬ロベルタが暴れ始める。レヴィ・シェンホアたちも加わり街は鉄火場に。バラライカまで入っちゃったらもう収拾つかないんじゃないか。2014/10/24

カラシニコフ

14
ロベルタ無双‼バラライカ姐さんよりも、戦闘能力のみなら上やな。 ★★★★☆2016/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562484

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。