サンデーGXコミックス<br> ブラック・ラグーン(12)

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

サンデーGXコミックス
ブラック・ラグーン(12)

  • 著者名:広江礼威【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 小学館(2021/08発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091576460

ファイル: /

内容説明

標的はダッチ? ロアナプラに刺客、現る!

ロアナプラに現れた5人の女刺客たちによって、
ある条件を満たす街の黒人たちが狩られていく。
ロックたちは、ダッチも標的となる可能性があるため、
彼女たちの足取りを追い始める。
その行動と目的にチラつく国際謀略の影、
ついに銃撃の火ぶたが切られた、その時ーー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鱒子

76
アバズレ&ですだよ、久々のコンビ復活。ぎゃー嬉しい!ワクワク、逡巡、そしてドンパチ、まさにブラクラだ! 20周年記念の巻末鼎談で、作者広井さんの状況が少し分かりました。もうこの漫画を描いてくれるだけで尊いです。ゆっくり最終巻まで続けて欲しいです。2021/08/23

ずっきーーーん

57
巻末対談で泣けた。描いてくれてありがとう!2021/08/23

sin

52
「あ、出た!」間が空いた…と云う以上にもう出ないかと思わせるぐらいに…20周年おめでとう!相も変わらぬ殺伐とした内容で、相も変わらず平和ボケした祖国の殻を引きずったままのロック!彼の描いた筋書きの結末や如何に!?まあ、現実はそんなに甘くないと思うのだが、そして次巻に引く内容なのでサウナは我慢して出来るなら早く13巻を出して頂きたい。2021/08/25

rotti619

39
久しぶりの新作。あとがきを読むと、多くの方が想像していた通りロベルタ復讐編の賛否が激しすぎて、作者の精神が病んでしまい休載に至った事がわかる。わかるんだけど、今回出てきた5人組の敵がどうしても格下感が否めない。今回もドンパチも派手だし台詞回しもキマっているけど、今までの敵が強烈過ぎた。ただ、敢えてこういう形(特にバックが弱いという所)で出した可能性もある。20周年ということは、当然作者も年齢を重ねてガタが来ているので、体調と相談しながら是非続けて欲しい。2021/08/19

くたくた

38
あああ、張のアニキの丸顔が懐かしい!バラライカさんもご健勝でいらっしゃる。シスター達が出てこないのがやや寂しいが、今回は5人娘がロアナプラに殴り込みだ。自称ホワイトカラーなロックは相変わらず黒い。久しぶりなんで顔見せ興行っぽいところもあるが、なかなかにいいところで、待て次回!

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18255908

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。