光文社文庫<br> 君は、ぼくの灯台だった - 湘南探偵物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥565
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

光文社文庫
君は、ぼくの灯台だった - 湘南探偵物語

  • 著者名:喜多嶋隆
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 光文社(2014/01発売)
  • 新年度スタート!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン!(~4/5)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

万里村桂、28歳。生粋の湘南娘。彼女は柔道の腕と英語力を買われ、「ヨコスカCIA」としての陰の顔を持つ。それは、横須賀に駐在する米兵と日本人とのトラブル解決人(シューター)であった。ある疑問を持たれている、若い士官の妻の元へ、深夜通う日本人少年がいた。その夫は、フィリピンへ赴任中である……。大人の女と少年の、ときめきながらも切ない恋の行方は?