アルセーヌ=ルパン全集1 怪盗紳士ルパン

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

アルセーヌ=ルパン全集1 怪盗紳士ルパン

  • ISBN:9784038150104

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ルパンの生い立ちの謎を語る「女王の首飾り」ほか、「アンベール夫人の金庫」「黒真珠」など初期の短編9作品をおさめた傑作集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

45
翻訳、解説 竹西 英夫、絵 田中槙子。ふりがなが多く、小学生向け。 ルパン逮捕される(L'Arrestation D'Arsene Lupin)獄中のアルセーヌ・ルパン(Arsene Lupin en Prison)ルパンの脱獄(L'Evasion D'Arsene Lupin) ふしぎな旅行者(Le Mysterieux Voyageur)女王の首飾り(Le Collier de la Reine)2013/04/28

kagetrasama-aoi(葵・橘)

41
怪盗紳士ルパン(アルセーヌ・ルパン全集①)子供の頃夢中になって読んだルパンもの。図書館でこの全集を見かけ一巻を読了。子供の頃読んだのは、子供向けのものだったことに気付きました。大人になってからは、創元推理文庫と新潮文庫で読んだ覚えが。この偕成社の全集は平易な翻訳で大人も子供も楽しめる、しかも完訳だそうです。“王妃の首飾り事件” そう言えばルパンもので初めて知ったんでした。あの頃、ルパンの恋をドキドキしながら読んだこと思い出しました。なにもかもが懐かしく楽しい読書でした。2021/08/31

25
再読。やはり面白い。が、子供の頃とは違い、展開の癖のようなものがわかるため、あまり驚きはなかった。新潮文庫のほうと読み比べてみたが、新潮文庫よりもずっと読みやすく情緒ある繊細な文章で、今思えばすごく読みやすい訳書だったのだと知った。ルパンは相変わらず若々しく英気に満ちていて、頭のよくきれる青年でかっこいい。何年経っても惚れ惚れする。鮮やかで大胆な手口と人柄に、安心感を覚えた。ルパン逮捕される、女王の首飾り、ルパンの脱獄、ハートの7がお気に入りだ。またおりを見て再読したい。2015/06/14

さぼさん

7
童心に帰って一気読み.ハマりました.ルパンの人間臭さが魅力的.出だしからして,女性に恋して逮捕されてしまうって...更には,ルパン誕生の秘密まで,盛りだくさんな短編集.続きが読みたくなります.2010/10/29

読書のお兄さん

6
この年になって初めてアルセーヌ・ルパンを読んだ。イメージとして定着している、いわゆるシルクハットに黒マントで片目にルーペ?のルパンとはだいぶ違って、超然とした雰囲気のなかにも危うい人間味や繊細さがあり、親しみがもてる。一冊通しての物語ではなく短編集。これが第一作なのかな?これからあのイメージ通りのルパンになっていくのかな?仲間がけっこういるのが意外だった。一匹狼かと勝手に思ってた。2018/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/513757

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数24件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす