新潮文庫<br> 白銀の墟 玄の月〈1〉十二国記

個数:

新潮文庫
白銀の墟 玄の月〈1〉十二国記

  • ウェブストアに143冊在庫がございます。(2021年10月17日 06時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 384p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101240626
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

戴国(たいこく)に麒麟が還る。王は何処へ──。乍(さく)驍宗(ぎょうそう)が登極から半年で消息を絶ち、泰麒(たいき)も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎(りさい)が慶国(けいこく)景王(けいおう)、雁国(えんこく)延王(えんおう)の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国(くに)に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。──白雉(はくち)は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!


十二国記シリーズ
魔性の子
月の影 影の海〈上〉
月の影 影の海〈下〉
風の海 迷宮の岸
東の海神(わだつみ) 西の滄海
風の万里 黎明の空〈上〉
風の万里 黎明の空〈下〉
丕緒(ひしょ)の鳥
図南(となん)の翼
華胥の幽夢(ゆめ)
黄昏の岸 暁の天(そら)
白銀の墟(おか) 玄(くろ)の月 第一巻
白銀の墟(おか) 玄(くろ)の月 第二巻
白銀の墟(おか) 玄(くろ)の月 第三巻
白銀の墟(おか) 玄(くろ)の月 第四巻

内容説明

戴国に麒麟が還る。王は何処へ―乍驍宗が登極から半年で消息を絶ち、泰麒も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎は慶国景王、雁国延王の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。―白雉は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!

著者等紹介

小野不由美[オノフユミ]
大分県中津市生れ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に在籍。1988(昭和63)年、作家デビュー。’91(平成3)年刊行の『魔性の子』に始まる『月の影 影の海』などの「十二国記」シリーズは、ファンタジー小説界に衝撃を与え、代表作となる。2013年、『残穢』で山本周五郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

789
小野 不由美は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。十二国記は、読み続けているシリーズです。図書館の予約に出遅れた訳ではないですが、ようやく18年ぶりとなる待望の長編の第一巻が読めました。久しぶりに十二国記の世界に浸っています。第二~四巻は来年へ持ち越しです。トータルの感想は全巻読了後に。私のアイコンは麒麟です🦒🦒🦒 https://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/2019/12/27

kou

781
戴の絶望的な状況が描かれていた。まだまだ謎が多く、真相に辿り着くには多くの困難に直面しそうな予感がする。それにしても、泰麒の行動は、李斎や項梁以上に、読者の方が読んでいてヒヤヒヤしたと思う(笑)。2019/10/16

南北

758
既刊の再読が終わり、ようやく新刊にたどり着きました。荒れた戴国の現状から始まり、泰麒たちが驍宗を捜す旅がはじまるものの、偽王の阿選の姿が見えず、もどかしい限りです。前作の「黄昏の岸 暁の天」の最後で阿選が「幻術に通ず」としていたのと何か関わりがありそうです。角を失い、王気も探せず、使令も使えない泰麒たちがどうなるのか? 引き続き次巻に進みたいと思います。2019/10/18

ニャンゴロウ

499
待ちくたびれましたー。やっと読めます。 一番大好きな泰麒の話、一番気になっていた泰麒の話を読めて幸せです。しかし予想通り話は闇の中でした。小野先生は辛いことをホントに辛そうに書かれるから、ヒシヒシと伝わってきてドヨーンとなります。このままでは終われない。すぐに2巻へ!2019/11/12

マッピー

461
実は私は戴国の話はあまり好きではない。「魔性の子」が怖かったし、泰麒がうじうじしてるし。だけどさすがにあの終わり方は続きが気になる。蓬莱に飛ばされた泰麒が、戴国に戻ってきた。やることと言えば、まず行方不明の泰王を探すこと。この巻はそれに尽きる。王も麒麟も不在で、荒れ放題の国の姿がこれでもかと描写される。国が荒れたら麒麟は病気になるはず。麒麟としての属性をすべて失ってしまった今の泰麒が全くの健やかであるとは思えないし、いろいろ不安はあるけれど、最終的には戴国の民が幸せになれるはず。そう信じて次巻へ進む。2019/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14429939

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。