MF文庫J<br> 探偵はもう、死んでいる。8【電子特典付き】

個数:1
紙書籍版価格
¥726
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

MF文庫J
探偵はもう、死んでいる。8【電子特典付き】

  • 著者名:うみぼうず【イラスト】/二語十【著者】
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • KADOKAWA(2023/01発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784046821089

ファイル: /

内容説明

かつて二人の名探偵の助手だった俺・君塚君彦は、とある奇跡を叶えて日常という名の後日談に浸っていた。
だがある日、世界平和を象徴する《聖還の儀》という式典で、人類の記憶に異変が起きていることが判明。
俺たちは過去に乗り越えた災厄の記録を振り返り、検証を始めるのだが――
「あなたリルの使い魔になりなさい」
思い出されるのはかつてのもう一人のパートナーとの記憶。
魔法少女・リローデッドとの短くも鮮烈な非日常。
彼女と紡いだ物語の記憶はやがて、失われた世界の記録と交差していき……?
これから語られるのは、世界に隠された謎に挑む探偵たちの冒険譚。
そして――気高く果敢な、一人の正義の味方の話だ。【電子限定!書き下ろし特典つき】

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

42
奇跡を叶えて日常という名の後日談に浸る君塚君彦。だがある日、世界平和を象徴する《聖還の儀》という式典で、人類の記憶に異変が起きていることが判明。過去に乗り越えた災厄の記録を振り返り検証を始める第八弾。君彦と強烈な出会い方をしたもう一人のパートナー、魔法少女・リローデッドとの短くも鮮烈な非日常の記憶。彼女が調律者となって我が身を省みずに叶えたい想い、そしてともに戦って過去の因縁を乗り越えた先にあった彼女との結末がなかなか印象的でした。少しずつ明らかになってゆく展開の中、彼の物語がどう紡がれるのか続巻に期待。2023/03/13

怪異

32
リリアの回 まだシエスタの秘密がわかっていないがこの間まではシエスタ中心で話が進んでいったがここからは君塚さんが中心になる気がする2023/01/27

如水

24
本巻は7巻の前日譚。7巻最後、君彦達全員に記憶の改竄の傾向が…意図的な改竄は何処から始まっているのか?を検証する為に調律者、『魔法少女』の助手(使い魔)に君彦が一時的になっていた時の御話…なのですが、『魔法少女』の呼び名から幼女かな、と思ってたのに違うやんか~い!!が感想💦表紙、挿絵見て下さい。コ、コレはヤバい。男心がクスグラレル(;´Д`)ハァハァ…と言う事はさておき(?)ナルホド、何処から突破口を見い出すのか?に次巻注目と、中々アドベンチャーな内容。もしかするといつもよりアクションがハードかも⁉️2023/05/15

なみ

19
《大災厄》が起きる前。君塚が《魔法少女》リローデッドの使い魔として活動していたときの話。 リローデッドはなぜ《魔法少女》になったのか。 傷つくことを恐れず、最短距離で突き進んでいく彼女の過去が深掘りされていき、その悲しい強さに引き込まれました。 リローデッドが強敵を相手に、すべてを懸けて戦う“最終回”がとにかく激アツでした。 これは映像で観たすぎる……。 次につながりそうな伏線らしきものもたくさんあり、これからの展開がとても楽しみです。2023/01/31

あんみつ

12
抜け落ちてしまった大事な事を思い出す為に、2年前に遡る。 それは、≪調律者≫の1人である≪魔法少女≫リローデッドを通してのお話である。 いやー、なるほどなるほど納得! 相変わらずの会話のテンポはやっぱり好きですね♪ 物語は新たなステージへ!どんな旅になるのやら…。2023/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20509996
  • ご注意事項