少年サンデーコミックス<br> 葬送のフリーレン(8)

個数:1
紙書籍版価格 ¥550
  • Kinoppy
  • Reader

少年サンデーコミックス
葬送のフリーレン(8)

  • ISBN:9784098511488

ファイル: /

内容説明

今は亡き勇者たちに捧ぐ後日譚ファンタジー


今は亡き勇者たちとの旅路を

再び歩む魔法使い・フリーレン。

一級魔法使いを伴わないと進めない、過酷な北部高原へ。

途上、魔法使いたちと再会、そして魔族との会敵――

物語は、美味くないパンの味を思い出させる。

英雄たちの“郷愁”を滲ませる後日譚(アフター)ファンタジー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

58
毎度、何故か感想遅れてしまうフリーレン。いろいろ思うところが残る(良い意味で)んだよなぁ。勇者が死んで30年、勇者一行のエルフ・フリーレンは旅を続けながら、かつての旅を回想し吟味しながら、当時は理解していなかった様々な出来事に想いを馳せる。フリーレンのゆったりとした成長がじんわりと沁みてくる。そしてそんな彼女はまた、まわりにも影響を与えていて。今回は試験官だったゲナウと一級魔法使いに合格したメトーデに再会、魔族討伐に協力することに。心乾いたゲナウの埋もれた人間らしさがいとおしい。メトーデは想定外に大人。2022/06/18

陸抗

26
どんなに危険な場所でも「故郷」だから離れたくない。だから旅を続けるフリーレン達に討伐依頼をする村人たち。フリーレンが下らない魔術書を報酬でもらう理由も、きちんとあったんだね。ヒンメルの考えがとことんフリーレンに受け継がれていて、それは次は誰に受け継がれていくのかな。2022/06/28

じゅーん

20
メトーデが同行する旅も楽しそうだけれど、やはり今の三人旅をしばらくみていたい。魔物狩りの時とは真逆の日常会話がほのぼのしていていいのです。次の旅路は何が待ち受けているのでしょう、楽しみでなりませぬ!2022/06/30

niko

19
8巻まできてもずーっと面白い。戦闘シーンの決着がスピーディーで気持ちいいし、かつて知り合った魔法使いたちとの再会も熱い。そして不思議なことに、今は亡きヒンメルのことがどんどん好きになる。この人、本物の勇者だったんだなあ。この作品のテーマは「故郷」なのかな。次回、七崩賢とのバトル必至?!楽しみは続く。2022/06/20

ふじ

18
一行の旅は北部へ。私は話が長くなるより、1話完結の中に昔のエピソードが混ざる、オムニバスみたいなこのテンポが好きだなぁ。近頃バトルマンガを読みすぎたせいか、戦闘シーンがあっさり感じる。2022/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19732339

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。