キャンドル

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy

キャンドル

  • 著者名:村上雅郁/遠田志帆
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • フレーベル館(2021/06発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784577049211

ファイル: /

内容説明

母を亡くして以来、どうしようもないことはあきらめてきた螢一。ある日、螢一をおそったある子の記憶。親友の翔真と記憶の主をさがすうちに、螢一の冷たく凪いでいた心に、小さくてもたしかな火がともり……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みかん🍊

91
幼い頃母親を亡くした螢一と女装男子の翔真、小学生の二人の友情物語でもあり大切なものを守る為に諦めない強い気持ちを持つという事を教えてくれる話でもあった。備品室で見つけた箱に触れてからある女の子の意識が流れ込んでくる様になり彼女は一体何者なのか、大切な人を裏切ってしまったという強い後悔の念から卒業生らしい彼女を探し出すという翔真と螢一、諦めて折り合いをつけるという事が大人になるという事だと思う螢一、自分を曲げず諦めずに立ち向かうという翔真、二人の道は分かれてしまうのか。2021/11/30

anne@灯れ松明の火

41
300ページ余りを一息に読んでしまった。読んでいる間、苦しかった。しんどかった。でも、途中で止まれなかった。だって、みんな、しんどい思いを抱えていたから。心の中に暗闇を抱えていたから。そして、最後は、みんなが動き始めたから、止まれなかった。彼らがどうするのか、どうなるのかを見届けたかったから。抱えていた暗い闇。でも、真っ暗ではなかった。どんなに小さくても、キャンドルの灯は消えていなかった。だから、彼らは大丈夫だった。主人公と同年代の小中学生は勿論だが、大人にもきっと刺さる作品。 #NetGalleyJP2020/12/15

れっつ

37
自分のアイデンティティを貫いて女子の格好をし、からかわれると得意の空手でやっつける翔真はカッコイイ!けれど、明るく振る舞っていても何かと風当たりが強く、同級生の螢一と幼馴染みの石川が心の支えだ。螢一もまた心に暗さを抱えており、あるきっかけで知らない女の子の感情が自分のことのように降りてくるようになって、そのことが翔真との関係に影響を及ぼす…。大切な人に自分の本当の思いを伝え損ない、大切な人の思いを大事にできなかった後悔。不思議な展開を通して、あの時灯った小さな光が、時を超え温かさを増すような読後感だった。2020/11/15

dolce vita

31
学校という不自由な箱。社会性や協調性を養う場では規則がないと収拾がつかなくなる。でも自由の裏側にあるものと自由の意味をよく考えて、規則を押し付け個性を認められない状況に変革と、そしてもっと柔軟に、自分らしく生きられるような手助けができる場にできたらいい。それに伴う責任も自分でとれるようにして。自分の道を曲げない強さと実質的な強さを兼ね備えた翔真と蛍一のほっこりさ、そして何より愛情が炸裂するお父さんが素敵だった。#NetGalleyJP2020/11/17

Mer

24
あっという間に読了。「折り合いをつける」と言う言葉の意味、深さを、ずーんっと考えさせられた。 折り合いつける、諦める。「大人になれ シンジ」(碇司令が出て来ちゃったよ)と、自分で突っ込んだけど、そうしないとならない場面も確かにあって。でも蛍一父の言う通り、諦めるってすごくエネルギーがいる。自分も諦めろって言われた事あったけど、どうしても諦めきれない思いがあった。結果、諦めなかったから今がある。諦めなければ責任と覚悟が決まる。その決断の積み重ねも大人になっていく。読了後の表紙は納得です。2021/05/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16993302

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。