宝島社文庫<br> スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 心をつなぐスープカレー

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

宝島社文庫
スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 心をつなぐスープカレー

  • 著者名:友井羊【著】
  • 価格 ¥643(本体¥585)
  • 宝島社(2021/01発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784299012302

ファイル: /

内容説明

「スープ屋しずく」のシェフ・麻野がこしらえるスープにかかれば、お客の心も不思議な謎もあっという間にほぐれます! リモート会議中に同僚がつぶやいた「人参がワープした……」という言葉の謎や、閉店を決めた洋食店「えんとつ軒」店主の真意など、思わずスープが食べたくなる、美味しくて優しい書き下ろし連作短編全4話収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベイマックス

152
………、そろそろ飽きてきたかなぁ~。料理する人には参考になるのかもしれないけど、スープなどの具材のーに関する記述に比重が偏っているし…。それに、麻野の推理が唐突過ぎるというか、う~ん…。読み続けているシリーズなので、なんだかもやもやして、少し残念な気持ちに。2021/01/24

ひさか

128
2021年1月宝島社文庫刊。書下ろし。シリーズ6作目。人参リモートワープ、奏子ちゃんは学校に行かない 、ひったくりとデリバリー 、在宅勤務の苦い朝 、ビーフカレーは巡る、の5つの連作短編。それなりの謎解きで、それなりに楽しめました。ややマンネリ感あり。エピローグでの理恵と朝野のリモート会話がオマケというか、驚きというか、次巻へのつなぎですね。2021/05/09

harupon

99
シリーズ6作目。麻野シェフの作るスープレシピも楽しみのひとつで、このシリーズは私の本棚に並べています。プロローグで、理恵が「実は麻野さんに話があるのです」という語りかけ。5つの連作短編、楽しく読みました。リモート会議あるあるの画面に映っている物からの推理。面白かったです。露のクラスでの話でも、SNSが謎解きの糸口になるとはね。エピローグでは、理恵と浅野の朝のリモート会話のひととき。実際には会えないけど、顔を見れるっていいね。2021/05/12

よしのひ

95
新刊が出るのを待ってました!うん、今回も相変わらず美味しい匂いが文字から伝わってくる。適当に感覚で料理しちゃう私にとって、麻野が作るスープにはもう手の届かない領域。そんな人をも魅了したビーフカレーって、どんな味なんだろうと、すごく興味がそそられる。理恵の様子がいつもと違うな…と思いつつエピローグで最後にちゃんと回収。理恵と麻野の関係がどうなるのか、次回作が楽しみだ(1年後か…)。今作特にお腹が反応したのは、「里芋のポタージュ」と「鶏団子のすだちスープ」でした!2021/01/15

ジュール リブレ

94
いくつかのシリアスな日常の謎が解き明かされていく本作は、これまでに比べてミステリー色を増したような。ストーリーとしては停滞して、その場限りのトラブル解消に留まってしまったかもしれない。トリックの作り方は進歩して叙述ミステリーを狙ったのにもまんまと引っ掛けられ。さて、そろそろ。2021/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17186443

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。