時代小説文庫<br> 史記 武帝紀(一)

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

時代小説文庫
史記 武帝紀(一)

  • 著者名:北方謙三【著者】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 角川春樹事務所(2020/11発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784758437264

ファイル: /

内容説明

匈奴の侵攻に脅かされた前漢の時代。武帝劉徹の寵愛を受ける衛子夫の弟・衛青は、大長公主(先帝の姉)の嫉妬により、屋敷に拉致され、拷問を受けていた。脱出の機会を窺っていた衛青は、仲間の助けを得て、巧みな作戦で八十人の兵をかわし、その場を切り抜けるのだった。後日、屋敷からの脱出を帝に認められた衛青は、軍人として生きる道を与えられる。奴僕として生きてきた男に訪れた千載一遇の機会。匈奴との熾烈な戦いを宿命づけられた男は、時代に新たな風を起こす。北方版『史記』、待望の文庫化。(解説・鶴間和幸)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

360
『キングダム』で始皇帝期、『龍師の翼』で項羽と劉邦期ときて、ちょっと間は空くものの、マンガで楽しんでいる史記の続きになる。まだまだ先は長いものの、掴みとしては十分に期待出来る。武帝劉徹以外の主要人物は、どんどん移ろっていくのだろうが、衛青がすごく良く描かれていて、いなくなって欲しくない。内面描写をあまり深くせず、言動や行動でタフガイに創り上げるのは、まさにハードボイルドの流儀。次巻あたりから、匈奴側の視点場面も増えてくると思われ、そちらも非常に楽しみ。司馬遷もまだ登場していないのでこれまた期待。2018/11/09

レアル

122
大学生の頃、司馬遷の『史記』を原文で読む課題ゼミがあり、何となくは物語のストーリーは覚えているものの、当時の四苦八苦した苦い思い出があり、随分長い間「積んで」はいたのだが、意を決して読む事に~♪どうして北方氏が書くとこんなに躍動感&先が読みたくなる本に仕上がるのかが不思議なくらい面白い。また「こんな話だったかしら?」なんて思える個所もちらほらあり、物語に一気に入り込めた。北方氏の『史記』を楽しんじゃう☆2014/03/14

海猫

101
武帝劉徹を中心とした主に3人のパートでお話が出来ている感じ。衛青が地道にのしあがったり、大月氏国を目指す張騫の旅が過酷であったり。前半は足元を固めてるようでちょっと展開が重いが、あとになるにつれ読みやすくなってくる。壮大なスケールに相応しいドラマ展開はまだなれど、2巻以降うねりが出てくるかと思う。2019/05/15

ehirano1

84
#劉轍の忍耐に唯々感心(キングダムの政みたいですね)。#衛青の心身の強さに惚れ惚れ。#張騫の匈奴脱出にワクワク。2019/02/02

優希

68
中国の大河ドラマ的な話なんだと思いつつ読み始めました。前漢の時代、帝であった劉徹に関わる物語なんですね。軍人として生きる道を与えられた衛青の匈奴征伐と劉徹の命で大月氏国を目指す張騫。最初から面白く、躍動感があり、最初から面白いです。今後の展開が楽しみでなりません。2015/02/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6720590

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。