このライトノベルがすごい!文庫<br> スクールライブ・オンライン2

個数:1
紙書籍版価格 ¥712
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

このライトノベルがすごい!文庫
スクールライブ・オンライン2

  • 著者名:木野裕喜【著】/hatsuko【画】
  • 価格 ¥641(本体¥583)
  • 宝島社(2020/05発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784800218186

ファイル: /

内容説明

ゲームを成績・評価に取り入れた栄臨学園。レベル至上主義の校風に馴染めず、ぼっちプレイヤーだった主人公・零央は、突然の大型アップデートを機に新ギルド《心の欠片(フラグメンツ)》を立ち上げ、学園の在り方を変える第一歩として攻城戦に挑む!――が、圧倒的な戦力不足、激レアアイテムを巡る黒い噂――零央は無事勝ち抜けるのか!? 大人気の学園×オンラインゲーム小説、第2弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

38
ギルドを結成し、「紺碧の海」との攻城戦に挑む話。鈍感でヘタレな所は相変わらずな零央ですが、瀧先輩とのやり取りや攻城戦での策と今の自分に何が出来るのかを考え、成長していく姿は好感を持てました。ただ主人公の情けない部分がまだ強く、読んでいてイライラするのでそこは改善して貰いたいですね。メインの攻城戦とユマの友達作りは共に王道展開でピンチからの大逆転はとても暑くて面白かった。個性豊かな新キャラが増えた事で今後が楽しみですが、幼馴染の存在が薄くなるのだけは勘弁な。次巻も期待。2015/02/24

よっち

29
ギルド結成から、当面の目標として攻城戦に臨むことになった二巻目。戦力的に足りず、またギルドマスターとして行動することを求められた零央は、茶化しながらも的確なフォローをする瀧先輩の力も大きかったですが、試行錯誤しながらも着実に頑張って成長する姿には好感が持てました。キャラの組み合わせ的に、リアクションな沙耶とユマだけだと、話を動かすのが若干厳しい印象もあったので、瀧先輩に穂村先輩を追加したことでバランス改善されたのかもしれません。ここから舵の取り方が難しくなってきそうな感じですが、次巻以降も期待しています。2014/01/05

アウル

26
1巻よりも面白くなっている。今回から話が進んでメインのギルド戦開始。敵はゲス野郎だったな、その分最後にぶちのめした時の爽快感は良かった。無双ではなく戦略を考えて戦闘に挑んでいるのも面白い。2013/11/18

ツバサ

22
めっちゃ面白かったです!零央と杏奈さんの一騎打ちや攻城戦の皆で戦ってる感じが凄い良くて夢中になりました!ユマが神鳴さんが友達になったシーンは泣きそうでした。神鳴さんは本当に良い子でユマと仲良くやっていって欲しい。思ったけどアニメ化するなら神鳴さんの声優はあやねるになるだろうなと思いました。最後、忍足の所はぐっと来ました、零央のライバルはやっぱり忍足だな。 次も凄い楽しみです!2015/02/18

KUWAGATA

18
面白い! 物語の展開はテンプレ王道だけど、敵役のクズっぷり、終盤の一発逆転までの時間との戦いの焦燥感、だからこその爽快感は素晴らしいの一言。それ以外でも、登場人物が生き生きしていて、とにかくキャラ同士の会話が楽しく(特に瀧先輩の下ネタは秀逸。木野さんの下ネタは「暴走少女」時代から個人的にどストライク)、読んでいて飽きない。あえて書かせていただきますが、3巻途中で挫折したSAOより、個人的には断然面白い。木野さんのファンなので補正もかかってるでしょうが、もっと評価されていい作品だと思います。オススメ。2013/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7483320

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。