このライトノベルがすごい!文庫<br> スクールライブ・オンライン7

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

このライトノベルがすごい!文庫
スクールライブ・オンライン7

  • 著者名:木野裕喜【著】/hatsuko【画】
  • 価格 ¥633(本体¥576)
  • 宝島社(2020/05発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784800250025

ファイル: /

内容説明

誰もが待ち望んでいた《3R》へのVRシステムの導入確定に沸き立つ栄臨学園。だが陰では、命の保証さえない非合法な脳開発実験が進行中だった。計画を阻止すべく、立ち上がる零央率いる《心の欠片(フラグメンツ)》と仲間たち。向かうは、学園史上最強のギルド《高天原(セレスティア)》。ただその前にクリアしなければならない問題が山積みで――。全校生徒の未来を賭けた、決して負けられない戦いが今、始まる! MMORPG×近未来学園、リアルとゲームが交錯する大人気シリーズ、クライマックス突入!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

30
学校を舞台にしたVRMMORPG作品の7冊目。学園最強のギルド・高天原、陽炎騎士団の牙城を潰すために、零央率いるギルド・心の欠片が攻城戦に挑む話。今回は最終章上巻という事で、比較的のんびりした感じでした。特に日常パートに関しては、不利な状況でも変わらない彼らの姿を見て一安心しました。後半からの攻城戦では、火西先輩との熱いバトルを楽しめたし、バランス良かったですね。火西先輩は本当良いキャラだわ。反面、会堂の小物化が酷い事なってるけど、ラスボスとしての矜持を見せてくれるのでしょうか。最終巻期待してます。2016/01/13

よっち

25
3R内での非合法な脳開発実験計画を阻止すべく、冬休み前の攻城戦で学園史上最強のギルト「高天原」に零央率いる「心の欠片」が挑む最終決戦開始の第七弾。冒頭は状況の割にはわりと緊張感に欠けた日常パートでしたが、沙耶への気持ちを認識している零央と瀧先輩のギリギリの攻防には苦笑い。後半「陽炎騎士団」との攻城戦や、火西先輩との熱いバトルがなかなか良かったですが、ゲスな仙石を乗り越えた瀬川先輩の熱い想いもちゃんと届いたのかもしれないですね。最後にやや意外な動きもありましたけど、次巻でいよいよ最終巻とのことで楽しみです。2016/01/08

アウル

16
二学期末の攻城戦の準備から陽炎騎士団を倒すまでの話。ラストに向けて着々と話が進んでいるな。零央が記憶から失っている沙耶との話は特待生になってどうにかするという事でいいんだろうかな?日常パートのコメディ、ゲーム内でのシリアスな内容共に面白い。次で最終巻だけども引きであんな事になったけど一体どうなるんだろうか?会堂の事が語られるにつれどんどんしょぼい感じになっているのは気のせいかな。火西先輩良いキャラしてるな。2016/01/18

KUWAGATA

12
こういう作品では珍しく、登場人物の一人一人のキャラクター、そしてその相関関係が非常に丁寧に描かれているのが、個人的にとても好感度が高い。舞台となる3Rの世界観も魅力的で、オンラインゲーム未経験の私でも、プレイしてみたい気にさせられる。構成もしっかりしているし、シリアスパートとコメディパート、ともにクオリティが高い。総じて非常に素晴らしい作品だということです。他のレーベルであればもっと評価されていただろうにと思うと、本当に残念でならない。ともあれいよいよ残り1巻。このままの勢いで是非とも走りきってほしい。2016/01/13

リク

11
立ち上がれ!! 学園を救うため、《心の欠片》の負けられない戦いが幕を開ける。 前半は戦いのための下地作りという名の日常回。ヘタレコンビがいいように弄られてた。沙耶の頑張りはいつ報われるのやら。 後半は《陽炎騎士団》との攻城戦。火西先輩のライバルっぷりがたまらない。やっぱりカッコいいわ。 瀬川先輩の熱い想いもよかった。今まで適当にあしらわれてたけど本当はそうじゃなかったんだね。それにしても周りと比べて会堂の小物感が拭えないな。ちゃんとラスボス出来るのか? 物語も大詰め。五つの城の頂きに立つのは誰になるか!?2016/01/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10128886

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。