このライトノベルがすごい!文庫<br> スクールライブ・オンライン5

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

このライトノベルがすごい!文庫
スクールライブ・オンライン5

  • 著者名:木野裕喜【著】/hatsuko【画】
  • 価格 ¥633(本体¥576)
  • 宝島社(2020/05発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784800237972

ファイル: /

内容説明

妄執にとらわれた生徒会長・会堂の奸計により、《心の欠片(フラグメンツ)》、そして零央に関する記憶を封印された沙耶。奪われた記憶を取り戻すため、零央たちはデスペナ覚悟で高レベルのボスモンスター【Dullahan(デュラハン)】の討伐に挑む!絶望的なレベル差、数々の制約、参加メンバーの不足、圧倒的に不利な状況下、あがき続けるギルドメンバーたちだったが、零央と沙耶は迷いの中にいて――。リアルの思いが、ゲームで交錯する大人気シリーズ第5弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

30
心の欠片、そして零央に関する記憶を封印された沙耶。彼女の失われた記憶を取り戻すためデュラハン討伐に挑む第五弾。零央の傍らにいるのが当たり前だった沙耶の変容ぶりが読んでいてとても辛かったですが、これまでありえないくらい鈍かったヘタレの零央も、さすがにこれには堪えたようで。著者推しだった忍足がここにきて面目躍如とも言える大活躍を見せて、それぞれが悩み苦しみながらも諦めずに絶望的な苦境を覆そうと挑んだ今巻は、自分の中でこの作品の評価が少し変わるくらい良かったです。沙耶の短編もいい感じでした。次巻も楽しみです。2015/02/09

まりも

28
沙耶の失われた記憶を取り戻す為にデュラハン討伐に挑む話。零央に対して他人行儀の沙耶、この期に及んでもヘタレ鈍感っぷりを発揮する零央と前半の展開は読んでいてしんどいものがありましたが、その分後半からの展開は爽快感が合ってよかったです。また、忍足、神鳴を始めとしたサブキャラが今回の1件で更に株が上がったのも良かったですね。特に忍足は主人公のライバルキャラとしてすごく良い味出してきたように思う。零央も主人公らしい強さを手に入れたし大分魅力的な人物になったように思います。カップルも増えてきたし、今後が楽しみ。2015/03/05

アウル

23
沙耶の記憶を取り戻すために高難度のダンジョンをクリアする話。今回は男性陣がカッコよかったな(生徒会長は除く)。零央もどんどんと変わりつつあるし今後どうなっていくのか楽しみ。デュラハン戦は音速超えるとかどんだけだよとツッコまずにはいられなかった。沙耶の過去話も面白かった、ヒーラーになった理由がそういう事だったのねw2015/02/15

ツバサ

15
最高に良かった。ただ、デュラハンとの戦闘がアッサリな感じで少し残念。だけどユマと剛田先輩の関係の変化や鈴音が意外にも忍足を気にし始めたり、 色々あって面白かったです。1番は沙耶の記憶を取り戻せて良かった、やっぱり零央と沙耶がよそよそしいのは読んでて辛かった。あとは忍足のカッコよさが目立ってて良い。仙道はもう退場で良いです笑 次回はコメディらしいので瀧さんの暴走に期待!2015/05/03

垢変更しました

14
いやカッコ良すぎな人多いな!!瀧先輩はいつも以上の知略見せてくれたし、忍足は自ら嫌な役を買って出た上にデュラハン戦大活躍だし。そして剛田先輩....アンタマジで男だよ!!あんなこと、なかなかできることじゃないよ。そして零央も、気付けば人に頼れることを覚えるくらいになっているし....いろんな意味で人間として大きくなってていいですね。そして人間関係のほうも予想出来なかった方向に動き出す。最後何組カップル出来てるか、それも楽しみです。2015/02/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9280919

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。