このライトノベルがすごい!文庫<br> スクールライブ・オンライン4

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

このライトノベルがすごい!文庫
スクールライブ・オンライン4

  • 著者名:木野裕喜【著】/hatsuko【画】
  • 価格 ¥623(本体¥567)
  • 宝島社(2020/05発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784800231888

ファイル: /

内容説明

2学期末に実施予定の大型アップデートの内容は――入力型BMIの導入、VRMMOの実装――誰もが待ち望んだ、フルダイブ型3Rへの移行だった!しかし、この大型アップデートの陰で、危険な実験が行われようとしていることを知った零央は、計画を未然に防ごうと≪心の欠片(フラグメンツ)≫と共に立ち上がる。零央の武器はただひとつ【自治権の発動】。そのために、≪陽炎騎士団(ミラージュナイツ)≫ギルドマスター・火西に接触を図るが――。譲れない思い、守りたい愛しい人、自らの信念。それぞれの思惑が激しくぶつかり合う、大人気シリーズ第4弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

28
アップデートを延期させる為に「陽炎騎士団」ギルドマスター火西に接触し、同盟関係を得ようとする話。火西の妹穂香と一緒にクエストを攻略する前半の話はすごく穏やかでほのぼのとしていただけに後半からの急展開にはやられました。思っていた以上のシリアス展開で、SAOの須郷さんを彷彿とさせる会長のクズっぷりが光ってましたね。自分の理想を叶える為なら人体実験でも何でもするチート野郎とか本当典型的な悪役だわ。零央達は失われた記憶を取り戻し、会長の暴走を止める事が出来るのか。次巻も期待。2015/03/05

よっち

28
危険を内包する大型アップデートの延期を図るべく「陽炎騎士団」ギルドマスター火西に接触を図る零央たちのお話。前半は火西の妹穂香も登場して一緒にクエスト攻略したりとほのぼの友好的なムードだったのが、一転後半は予想もしなかった急展開から、現時点での実力差を突きつけられた挙句、トドメに他人で実験することを何とも思わない非道ぶり。。。失われたものを取り戻すためには挑むしかないものの、なかなか茨の道になりそうですね。零央の鈍さは相変わらずありえない酷いレベルですが、こういう機会に自覚含めてそろそろ変化が欲しいですね。2014/09/09

アウル

21
相変わらずの面白さ。「陽炎騎士団」のギルマス火西修也、妹の穂香と交流をメインにしたほのぼのした前半。所々不穏な空気が流れており先の展開が結構読めやすかったが後半から登場してきた生徒会長の容赦ない非道な行為は予想外だったわ。人をもてあそぶとか会長マジでカスってますな。そんな会長を一泡吹かせる活躍が早く読みたいな。作者の書く悪役ってイラッとさせるのが上手いよな。2014/09/19

ツバサ

15
面白かった。だけどヘイトを溜める展開が多かった。その中で光ってたのが火西修也のキャラと鈴音の友達を想う気持ちが良くて、テンション下がる展開を照らしてくれた気がする。あと作者も推してる彼は自分も好きだから次の5巻で大暴れしてくれるのを期待してる。2015/03/31

KUWAGATA

8
前回のコミカルな展開から、一気にシリアスモードに突入しましたね。テンションとしては、上げて落とす方向。最初のいい感じから、後半いきなり、みたいな感じで少しもやもやが残るも、きっと次の巻では思い切りスカッとさせてくれるのだろうと期待します。相変わらずSAOあたりがカ○に思えてくるほどに面白い内容ですが、今回瀧先輩の下ネタが皆無なのが滅茶苦茶残念。展開的には次巻でもあまり望めそうにないですが、個人的には一服の清涼剤ですので、是非ともまた瀧先輩には弾けて欲しいですね~。今回、終盤の神鳴さんがカッコよかった。2014/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8232991

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。