鬼切丸伝 (9)

個数:1
紙書籍版価格 ¥641
  • Kinoppy
  • Reader

鬼切丸伝 (9)

  • 著者名:楠桂【著】
  • 価格 ¥641(本体¥583)
  • リイド社(2019/08発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

“鬼ならば斬る!”退魔アクション「鬼切丸」シリーズ最新刊!!
歴史の闇には「鬼」に連なる真実が隠されている…。
人を超越した圧倒的な力を持つ鬼。
その肉を断つことのできる神器名剣「鬼切丸」を携えた少年は、人間の天敵である鬼を倒す日々を送っていた。

第9巻は乱世の梟雄(きょうゆう)・宇喜多直家と、薩摩の英雄・島津家久に光を当て、その陰に息づく「鬼」をあぶり出す、激情の戦国絵巻。
さらに鬼切丸の少年は、万葉集にも詠まれた悲恋の伝説「菟原処女(うないおとめ)」にまつわる、積年の怨霊と対峙する。
戦国の世の混沌と傾城の美……歴史の闇に潜む鬼と情念が入り乱れるエモーショナルロマンスアクションが、今再び紡がれる!
天才女流作家・楠桂が描く「日本史の闇と鬼切丸の少年との戦い」に刮目せよ!!