鬼切丸伝 (8)

個数:1
紙書籍版価格 ¥641
  • Kinoppy
  • Reader

鬼切丸伝 (8)

  • 著者名:楠桂【著】
  • 価格 ¥641(本体¥583)
  • リイド社(2019/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

明かされざる歴史の闇には「鬼」に連なる真実が隠されている…。
人を超越した圧倒的な力を持つ鬼。
その肉を断つことのできる神器名剣「鬼切丸」を携えた少年は、人間の天敵である鬼を倒す日々を送っていた。

第8巻は慶長より始まるキリシタン迫害と、鬼にまつわる悲劇を描く「鬼理支丹」(前後編)、豊臣秀次もろとも処刑された女性達を巡る鎮魂奇譚「泣き鬼姫」、数々の歌を残した平安の僧・西行が禁忌に手を染める「鬼反魂の章」(前後編)を収録。
歴史の闇に潜む鬼と情念が入り乱れるエモーショナルロマンスアクション。
天才女流作家・楠桂が描く「日本史の闇と鬼切丸の少年との戦い」に刮目せよ!!