岩波文庫<br> 西遊記9

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,056
  • Kinoppy
  • Reader

岩波文庫
西遊記9

  • 著者名:中野美代子
  • 価格 ¥1,056(本体¥960)
  • 岩波書店(2019/05発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

三蔵の凶星はいまだ消えず.鎮海禅林寺でわずらいつくと,すっかり気弱になり,唐の天子に遺言を書く始末.またも弟子たちに手をひかれ,ようようたどりついた先は滅法国.そこでは和尚一万人を殺すという国王の願掛けが,あと四人でめでたく満願になるところ.一行は頭巾であたまをつつみ,長持にもぐりむ.改版.(全十冊)

目次

目  次

 第八十一回鎮海寺にて心猿 怪を知ること黒松林にて三衆 師を探すこと

 第八十二回女怪 陽を狙うこと三蔵 道を護ること

 第八十三回心猿 丹頭を識りたることたく女 本性に還りたること

 第八十四回祈祷は滅し難く大覚を円すること法王は正を成し天然を体すること

 第八十五回心猿 木母に妬きもち焼くこと妖王 三蔵を呑まんと計ること

 第八十六回木母 威を助けて怪物を証すこと金公 法を施して妖邪を滅すこと

 第八十七回鳳仙郡 天を冒して雨を止めること孫大聖 善を勧めて霖を降らすこと

 第八十八回三蔵 玉華に到り法会を施すこと心猿 木母と共に門人を導くこと

 第八十九回黄獅の怪 虚しくまぐわ宴を設けること金木と土 計りて豹頭山を鬧がすこと

 第九十回師と獅 授受するは同一に帰すること道と禅 纏繞により九霊を鎮めること
   訳  注