子連れ狼 大合本 - 8 九仭の功

個数:1
  • Kinoppy
  • 特価

子連れ狼 大合本 - 8 九仭の功

  • 著者名:小池一夫/小島剛夕
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 特価 ¥648(本体¥600)
  • ゴマブックス(2018/12発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

傑作時代劇コミック『子連れ狼』が大合本となって登場!(22~24巻収録)
22巻 内容紹介
天地の慟哭とも思えるほどの天候の中、遂に柳生と子連れ狼がぶつからんとしていた。長きに渡る戦いに終止符を打つことになるのか!?

23巻 内容紹介
自らの失態で追われる身となった阿部怪異の仕業により、江戸市中は洪水の危機にさらされてしまう。子連れ狼と柳生は決闘をやめ、水をせき止めんとする。そんな中、柳生は溺れている大五郎を偶然救うこととなる。期せずして敵の弱みを握った柳生は何を思うのか、、、、。

24巻 内容紹介
洪水の後、改めて決闘を始めるも、阿部怪異の毒によりお互いに力尽きてしまう子連れ狼と柳生。つかの間の和平により傷を手当する中で、阿部怪異が柳生封廻状を発見してしまう。