ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる漫画大全集(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,080
  • Kinoppy
  • Reader

ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる漫画大全集(4)

  • 著者名:水木しげる【著】
  • 価格 ¥3,080(本体¥2,800)
  • 講談社(2018/11発売)
  • ポイント 28pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063775433

ファイル: /

内容説明

妖怪ブーム絶頂期の1968年に連載されていた、『週刊少年マガジン版』ゲゲゲの鬼太郎を「オベベ沼の妖怪」から「朧車」まで収録。さらに、幻の『たのしい幼稚園』版鬼太郎を史上初収録!! たの幼版でしか読めない描き下ろし作品やカラーイラスト・妖怪図鑑も、もちろんフルコンプリート! 大ボリュームの2色ページは必見!! ★解説「寂しいときは、鬼太郎の歌を」熊倉一雄(俳優・声優・演出家)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

22
テレビアニメ化され、大人気となっていた頃の『ゲゲゲの鬼太郎』が収録された全集版4巻。水木しげるも、ノリにノッて描いているのがわかる。それでいて、当時の社会的な出来事を反映させ、社会批評の一面も忘れていないのは、さすが。「たのしい幼稚園」版は、「マガジン」版を短縮させたエピソードで、そのテンポがまた楽しい。それにしても、ねずみ男の立ち位置って、おもしろいね。2015/03/23

shinshin2638

5
『たのしい幼稚園』に掲載された幼児向きの鬼太郎漫画が面白い。大体が『週刊少年マガジン』に連載されたものの再構成・短縮版だが、中にはオリジナルの漫画もあり、それが水木らしからぬ?作風で、どことなく藤子Fの幼年漫画を彷彿とさせる心なごませるストーリーとなっている。2015/03/03

○○○ ○○

1
たのしい幼稚園版鬼太郎、話端折りすぎてて受ける。「きたろうころしてやるぞ」と叫びながらいきなり首を絞めるねずみ男とか、目に針が刺さっただけで全身ドロドロに溶けて死んでいく妖怪獣とか全般的に雑すぎる2015/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8292223

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。