ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる漫画大全集(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,080
  • Kinoppy
  • Reader

ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる漫画大全集(3)

  • 著者名:水木しげる【著】
  • 価格 ¥3,080(本体¥2,800)
  • 講談社(2018/11発売)
  • ポイント 28pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063775426

ファイル: /

内容説明

「墓場」から「ゲゲゲ」へ! テレビアニメ化をきっかけに、名前を新たに新連載が始まった鬼太郎は、瞬く間に妖怪ブームを巻き起こし、日本中へその名を響かせた。『週刊少年マガジン』連載時の勢いはそのままに、カラーページや妖怪画報も余すところなく収録。水木しげる漫画大全集だからこそ初めて可能にする「ゲゲゲの鬼太郎」完全版! ★解説「水木しげるという奇々なる奇跡」萩尾望都(漫画家)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

16
最初のTVアニメ版の放映が開始され、タイトルが『ゲゲゲ』と改められた『鬼太郎』が収録された全集版3巻。アニメ版に考慮し、勧善懲悪のわかりやすい構図が採用されることが多くなっても、文明批評の側面を失わないのは、水木しげるの面目躍如だ。それにしても、雑誌掲載時の企画記事の楽しいこと! これもまた、全集版の読みどころだろう。2015/02/09

shinshin2638

7
鬼太郎は3度目のアニメ化の時に単行本を集めていたのですべて読んだものばかりだが、再読してもとても面白い。今の漫画と違い鬼太郎と悪の妖怪との戦闘シーンは迫力があるものとは言い難いが、紙面構成が落ち着いているので「騒々しさ」がない。今のマンガを見て再読する気が起きないのは「騒々しい」からなのかもしれない。2015/02/20

大臣ぐサン

4
遂に再開された水木しげる漫画大全集第2期。第一回配本は代表作。アニメも開始し墓場からゲゲゲに移行したノリに乗っている時期の作品。毛羽毛現、白山坊、輪入道、さざえ鬼、ばけ猫、朝鮮妖怪、etc、etc。どれもこれもなじみ深い話ばかり。実は原作は通しで読み切ったことはないので、第3期アニメの印象が強いのだが、アニメとの違いを見つけるのもまた面白い。毎度のことだが、連載当時の妖怪画も掲載してくれるのは本当にありがたい。京極、おまえは最高の気狂いだ。感謝に堪えない。2015/03/11

○○○ ○○

2
これとかマガジンオリジナル版とか読んで結構複雑な気分になるんだけど、つまり僕らが昔から読んできた鬼太郎の漫画のあの独特の間、訳の分からない構図という愛すべき部分が実は結構な所で雑誌連載版から単行本化するにあたってのコマの付け加えや滅茶苦茶なトリミングによって発生していた訳なんだよ。今回で言うとp429の?マーク浮かべたベリアルとか、もう「水木しげる的な間合いを生んでるコマ」としか言いようがないのに実は「余ってるスペースを無理矢理埋めるために単行本で加えたコマ」なんだから、そりゃ変な間合いにもなるわ2015/03/08

KaNa

0
この間もわりと馴染みぶかいお話が中心。 白山坊は普通に怖い妖怪なのに、なぜか嫁に取られてもいいと思ってしまうのは、アニメ版の大塚周夫ボイスの成せる技か。2015/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8296205

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。