ヒーロー文庫<br> ナイツ&マジック 9

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ヒーロー文庫
ナイツ&マジック 9

  • 著者名:天酒之瓢/黒銀
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 主婦の友社(書籍)(2018/11発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784074354719

ファイル: /

内容説明

シリーズ累計170万部突破! 新章突入! 巨人族との交流、騎士団新設、浮遊大陸に集う人々――ますます目を離せない第9弾!

ボキューズ大森海での騒乱を終え、銀鳳騎士団は
巨人族と共に王都に帰還する。

巨人族、そしてエルネスティを襲ったという第一次森伐遠征軍の末裔の存在は、

フレメヴィーラ王国にとってまさに寝耳に水。

突如もたらされた途方もない話に、もはや既存の価値観は通じず、

王国は新たな時代へと踏み出していくことになる。

そして銀鳳騎士団にもまた、巣立ちの時が迫っていた。

此度の事件で銀鳳騎士団の影響力を重く見た国王リオタムスは、

エドガー、ディートリヒ、ヘルヴィらが率いる各中隊を新たな騎士団として独立させるよう告げる。

エルネスティの下に残る者、騎士団長としての道を踏み出す者、新たに入団を目指す者――

それぞれの想いを受けて銀鳳騎士団は形を変え、新たな飛翔の時が訪れる。

天酒之瓢(あまざけのひさご):博多在住。本作でデビュー。



黒銀(くろぎん):『小説版機動戦士ガンダム AGE』シリーズなどのライトノベルのイラスト、モバイルゲームのキャラクターデザインなどを手がけるイラストレーター、メカニックデザイナー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

38
世界が新たな時代を迎える中、エルとアディは遂に結婚をする。そんな激動のシリーズ第十弾。王との謁見、エドガーとディーが中隊長から新騎士団の団長へと昇格、アディとの結婚、そして物語の新たな舞台浮遊大陸での一幕。こうして改めて考えてみると今回はスゴいボリュームだった。最近影の薄いキッドもようやく活躍の場が与えられ、浮遊大陸でエル達よりも一足先に大暴れ。キッドだけの段階でこれなんだからエルが合流したらそらはもう凄い事になるんだろうな(笑)遂に始まったエルとアディの新婚旅行編。ここからが楽しみだ。2018/11/09

よっち

31
ボキューズ大森海での騒乱を終え、巨人族と共に王都に帰還した銀鳳騎士団。巨人族や第一次森伐遠征軍の末裔の存在によって王国も新たな時代へ踏み出してゆく第九弾。行方不明になったと思ったら、とんでもないものを持ち帰ってくるあたりエルのお騒がせっぷりは相変わらずですが、銀鳳騎士団が新体制に移行するのはなるべくしてなったというか、それにしてもあのエルがついに結婚しちゃいましたか。音沙汰なかったクシェペルカ組も新たな展開に向けていろいろ巻き込まれていたりで、これにエルが絡んだらまたひと騒動必至ですね(苦笑)続巻に期待。2018/10/30

こも 零細企業営業

22
再読、発売が2018年11月。1年以上前だったか・・ アディと結婚してその新婚旅行としてかつて戦争をした国へと行ったが、居るはずの人が居なかった。それを探しに浮遊大陸へ向かう。 その頃、その探し人は・・遭遇した異民族に捕まってたwそこから巻き込まれて、海賊のように略奪をする連中と戦っていたが。そこにかつての強敵が現れる。。2020/01/19

わたー

20
★★★★★ボキューズ大森林から帰還したエルとアディだったが、国許に帰ったからといってその暴走の余波があっさりと引くわけではなく。巨人との共存、新機体の開発と結婚、そして新たな亜人種と新たな闘いの幕開けと盛りだくさんだった。丁寧に描きつつも決して飽きさせない展開は流石。久しぶりにキッド大活躍で、これは現地妻が増えるパターンなのか?次巻も楽しみにしたい。2018/11/09

こも 零細企業営業

16
やっと帰国して落ち着くと思ったら、今度は冒険? 影が薄かった双子の兄貴が大活躍。 数百年停滞していた世界とは思えないほどの激動の大航海(空)時代になったもんだ。 巨人の次は鳥か。 続きが気になる。 次巻はよ!w2018/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13211890

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。