ヒーロー文庫<br> ナイツ&マジック 8

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

ヒーロー文庫
ナイツ&マジック 8

  • ISBN:9784074279005

ファイル: /

内容説明

穢れの獣による襲撃から飛空船団を護り、
ボキューズ大森海に墜ちたエルネスティとアデルトルート。
森に暮らす巨人族――カエルレウス氏族と出会った彼らは
やがて、巨人族の間で起こる戦いの流れに飲み込まれていった。
一方の銀鳳騎士団は飛空船団を再編成、森の奥深くを目指して進む。
騎士団長を探す彼らの行動は森に様々な影響を及ぼしてゆき、
ついに巨人族が最大氏族であるルーベル氏族が動き出すに至った。
圧倒的な力、さらに穢れの獣を引き連れたルーベル氏族の暴虐に立ち向かうため、
エルたちは各氏族を糾合し諸氏族連合軍の立ち上げを計画する。
小魔導師とともに空を行く二人は、道の途中で銀鳳騎士団と合流。
その協力をもってついに諸氏族連合軍の結成を成し遂げたのだった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

35
巨人族編最終章。銀鳳騎士団と合流したエルが今回も好き放題する話。サポートタイプのメカとの合体は男の浪漫。流石はエル君やね。マガツイカルガ超カッケーわ。巨人族、小王、銀鳳騎士団、エルそれぞれの思惑が入り乱れた戦いは中々に読み応えもあって面白かったです。特にイカルガの新モードお披露目は非常に良かった。西方へ向かう小王、そして巨人族との交流と新章も色々と期待できそうだし、ますますこれからの展開が楽しみだ。2017/09/30

よっち

33
飛空船団を再編成し森海に墜ちたエルとアデルを探しに来た銀鳳騎士団。一方、巨人族の最大氏族であるルーベル氏族が動き出し、エルたちは各氏族を糾合し諸氏族連合軍の立ち上げ立ち向かう第八弾。穢れの獣を頼みに動き出したルーベル氏族と、対抗するために各氏族を糾合して連合を立ち上げ銀鳳騎士団と合流したエルたち。穢れの獣を抑える鍵を握る小鬼族の思惑。仲間と合流したことで思わぬ合体技まで出てエルが大活躍するある意味いつも通りの展開でしたが、始まった巨人族との交流や逃れた小王の行方が今後にどう影響するのか、次巻が楽しみです。2017/09/28

こも 零細企業営業

23
自身が育てた艦隊に突貫する騎士団長。その思考回路が既にスパルタwさらにロボットのお約束、合体か!!!しかも有人の・・2020/01/11

緋莢

17
エルを捜索しに来た銀鳳騎士団と合流。巨人氏族最大のルーベル氏族とその他の巨人氏族連合との戦いに突入します。しかし、その戦いの最中に機体を溶かす液体を吐くなど、エルたちを苦しめた魔獣「穢れの獣(クレトヴァスティア)」が 現れます。それを操るのは小鬼族の小王。ルーベル氏族を攻撃した小王にエルたちが挑みます。銀鳳騎士団が持ってきた予備筐体のイカルガと、カササギが合体。マガツイカルガが誕生。小王が操る魔王との対決が熱かったです。ボキューズ大森海完結ですが、今後の展開はどうなっていくのでしょう?2018/05/04

真白優樹

13
騎士団の面々と合流する中、連合を組み暴虐を繰り返す氏族に立ち向かう今巻。―――守護者として禍つ鬼神と共に打ち倒せ、巨大なる魔王。大森林を揺らす大戦。錯綜するのは巨人族、小鬼族の思惑。そんな戦場にエルの趣味が炸裂する今巻は二機のロボットの合体という男の子なら一度は憧れたであろう浪漫が炸裂し、新たな力を手に入れたイカルガと駆けつけた仲間達と共に魔獣相手に大暴れする熱さ迸る、心躍る戦が繰りひろげられる巻である。帰還する騎士団、しかし因縁は未だ途切れず。再びの王都で待つ新たな日々とは。 次巻も須らく期待である。2017/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12289776

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。