集英社オレンジ文庫<br> これは経費で落ちません!4 ~経理部の森若さん~

個数:1
紙書籍版価格 ¥605
  • Kinoppy
  • Reader

集英社オレンジ文庫
これは経費で落ちません!4 ~経理部の森若さん~

  • ISBN:9784086801959

ファイル: /

内容説明

経理部の新入社員・麻吹美華は、なんでも率直にものを言う。オブラートに包むということがない。おかげで波風立てずに会社員生活を送りたい沙名子は、気苦労が絶えない。私生活では太陽とつきあいはじめたものの、初めての恋愛にペースを乱され戸惑い気味。そんなときも、面倒事は遠慮などしてくれない。沙名子はよく知る社員同士の不倫現場を目撃してしまい…?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

410
シリーズ第4弾!気の強そうなキャラが現れたね。美華は苦手なタイプだな(笑)長年、同じ会社に努めていたら、いろんなことはあるさ。そんな感じの今作でしたね。沙名子と太陽の関係も、ちょっとずつ進展しているけど、なんか噛みあってない。太陽が、もっとしっかりしないと…。そんな中で、真夕ちゃん、のほほんとほんわかで、癒してくれるね。真夕ちゃんメインのエピローグが、楽しみになってきました。2018/06/27

ponpon

312
森若さんは控えめでサブキャラの存在が目立つ巻。新人のタイガー美華さんの行動力が凄い。あのマリナに挑んでいくとは!でもマリナという女性は思慮が浅いというか、目つけられているなら行動を抑えるのが普通では。勇太郎さんはイメージぶち壊しの行動に出るわで、盛りだくさんの一冊ですね。そんな中で留田さんの話は心打たれます。自分がしてもらったことを後進に託す。昔ながらの職人の技術承継を彷彿とされます。太陽との関係ではモットーに反した一喜一憂が可愛い。どうも一気に進展したようで、次巻が待ち遠しい。2018/07/10

Yunemo

307
何だか題名から外れつつあるな、麻吹さんの追求が題名を補完してるね、と勝手に想い。森若さんの心の戸惑いが一般的女性の戸惑いと理解していいのかな。どうにも周辺状況の細かな表現に惑わされ過ぎて、太陽と森若さんのほんとの心情、お互い理解し合えたのか、きちんと関係が持てたのか、何だか曖昧なままに。目立たず生き抜いていくこと、これはこれで難しいですね、ここに森若さんという焦点を当てての表現になってるのですが。望むのはイーブン感覚を大事にするその考え方で「これは経費で落ちません」というフレーズが森若さんからでればなぁ。2018/08/26

どんふぁん@ダイエット中

256
2019年8月3日読了。新キャラ美華さんが世の中によくいるタイプの問題児さんで、私もあーこんな面倒臭い人いるよねって思った。なんていうの?喧嘩太郎タイプ?それで寿命縮んでること気が付かないタイプ?事なかれ主義がいいとは言わないが、協調性も大事だよ?と言いたい。あと、沙名子の不器用っていうか、物分りよすぎる態度に、少しイライラ。2019/08/03

absinthe

242
他人とかかわらずにマイペースで生きてきた森若さんが、恋愛に社内不倫にその他重大な秘密を持った天敵との戦いに巻き込まれていく。それにしてもこの不器用さはかわいいな。面白くなってきた。短編一話完結から、ほぼ連続で、話の流れは長編のようになってきた。もう森若さんのマイペースは通じない。2021/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12879677

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。