集英社オレンジ文庫<br> これは経費で落ちません!2 ~経理部の森若さん~

個数:1
紙書籍版価格 ¥605
  • Kinoppy
  • Reader

集英社オレンジ文庫
これは経費で落ちません!2 ~経理部の森若さん~

  • ISBN:9784086801287

ファイル: /

内容説明

経理部の森若沙名子(もりわかさなこ)、27歳。多くの領収書を処理する沙名子には、社内のいろいろな人間関係が見えてくる。周囲に与えた分以上のことは期待せず、されず、精神的にも経済的にもイーブンでいることを大切にする沙名子は、他人の面倒ごとには関わりたくないのだけど、時には巻き込まれることも。ブランド服、コーヒーメーカー、長期出張…それは本当に必要なものですか? 【目次】第一話 取材は広報課を通してください!/第二話 女には女の戦いがある……らしい……/第三話 気にしないでいいよ、おごるから。出張手当入ったから!/第四話 これは本当に経費で落ちません!/エピローグ ~おまけの真夕ちゃん~

目次

第一話 取材は広報課を通してください!
第二話 女には女の戦いがある……らしい……
第三話 気にしないでいいよ、おごるから。出張手当入ったから!
第四話 これは本当に経費で落ちません!
エピローグ ~おまけの真夕ちゃん~

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

662
なんか…どんどんタイトルから逸脱していっているような。経費落ちてる。全部わかった上で落としてる。第四話で「これは経費で落ちません」とついにタイトルが決め台詞になるも、その流れでそのまま台詞はおかしいだろと。経費の話ししてないだろと。小さなシミがだんだん大きくなってきているのを見せられているような。上司に報告は怠っていないみたいなので、責務は果たしているのか…。イーブンとカッコよく掲げているが、森若さんのような人が40代くらいで存在意義見失って燃え尽き症候群になったり、かなり大きな不安要素抱えていると思う。2017/06/04

しんごろ

505
シリーズ第2弾!天天コーポレーション経理部を舞台にしたお話!今回は女性同士のいざこざが、なんともリアルで女の戦いはいつもこうなのかと思っちゃいましたね(^^;)沙名子さん、クールというか徹底した自己管理⁉、完全主義⁉、まあどう表現していいかわからないけど、太陽の存在でちょっとずつ可愛くなってる(笑)今後のこの二人がどうなるか楽しみだけど、続編はでるのかなあ。今回、わりと経理ネタもありお仕事小説的でもあったかな(^^)最後の公園のシーンは、沙名子さんに感情移入してしまい、ウルッとしてしまいました(^^;)2017/05/23

Yunemo

379
経理部の森若さん、入社6年目の27歳。過不足のない現在の生活は完璧という感性が、ホントに少しずつ変化していく様、ニンマリと。一番苦手な、嫌いな女性同士のいがみ合いも何となく切り抜けて。不正支出の顛末についても重要な役割を演じて。労働の対価は正当であるべき、さぼる者が得するのは不愉快、その通り。人を好きにならない理由。頼ったり、頼られたり、他人のために自分を削ったり、辛さを人に押し付けようとしたり、これこそが人を好きになる真髄。微妙な気持ちの変化に後押ししたく。経理の仕事の難しさ、個人的組織的にも記されて。2017/08/06

どんふぁん@ダイエット中

361
2018年5月13日読了。森若さんー・・・んー、1冊目とイメージがちょっと変わったような・・・。甘さがだいぶん控えめになったような気がします。太陽とのことも、もうちょっと甘めでもいいんじゃないかなー?と希望を出してみたり。にしても業務上横領はいけません。最後の話は実際の社会において、ありがちな横領の形だと思いました。2018/05/13

ponpon

315
第1巻が面白かったので引き続き。今回も意に反して様々な事件に巻き込まれます。読んで楽しいのは第三話。山田さんの不正を疑いましたが真実が語られてみると、そんな意図があったとはと驚きです。山田さんの希望は叶うことは無さそうですが。第四話は犯罪がらみ。些細なインチキを見逃すと、次は少し悪質になりいつか引き返せなくなる。森若さんのように、ちょっとした違和感を見逃さないのは、その人のためにもなっているんですよね。あれだけクールだった彼女も太陽と良い関係になってきました。次巻も早く読まねば。2018/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11669580

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。