古事記 - 日本の神さまの物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,034
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

古事記 - 日本の神さまの物語

  • 著者名:那須田淳/よん/加藤康子
  • 価格 ¥957(本体¥870)
  • 学研(2018/03発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784052047220

ファイル: /

内容説明

小学低中学年から楽しめる!オールカラーイラストで、さくさく読める「日本名作」シリーズ第8弾。イザナギ、イザナミから、ウミサチとヤマサチの兄弟のお話まで、読みやすく収録。稗田阿礼たちも登場し、不思議でおもしろい神話の世界にナビゲートします!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あおい

13
イザナギイザナミ、天の岩戸、ヤマタノオロチ、因幡の白兎などおなじみの神話がわかりやすく書かれています。これは小学生に読ませたい。2017/12/19

雨巫女。

9
《私-図書館》古事記って、日本の神話をまとめたもので、なかなか面白い。2018/04/26

二条ママ

2
長女小4。図書館本。独り読み。2021/02/12

ぷるぷる

2
これが日本名作かと言われるとかなり違和感があるが日本神話を読む機会なんてありませんでしたので子どもの後に読んでみました。面白いわけではありませんが当然ながら資料的な価値は高いわけで一般教養として知っていて損はないですが研究したいわけでもないので私にとっては子供向けで十分かもしれません。神話の世界でも好奇心や興味を持つのはたいへん良いことではありますが、中二病をこじらせないで欲しいという思いもあります。子どもが島根県に興味を持ってしまったが、連れて行ってあげる機会が持てるかなぁ。2018/02/21

Ayumi Yasuda

1
子どもにオススメされて読みました 10歳までに読みたい本ということですが、お話として楽しみつつ日本史に出てくる歴史上の人物に触れることが出来て良いなーと思いました2021/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12304860

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。