集英社文庫<br> 単細胞にも意地がある ナマコのからえばり

個数:1
紙書籍版価格 ¥572
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
単細胞にも意地がある ナマコのからえばり

  • 著者名:椎名誠【著】
  • 価格 ¥528(本体¥480)
  • 集英社(2018/03発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

このところ、釣りと焚き火とビールがあればシアワセで、孫の成長に目を細める「いいじいじい」化していたシーナが、ついに冒険の旅に出た。向かうは火山と氷河の地アイスランド。元気の素はやたらとうまいスモークサーモンと羊肉。もちろんビールはかかせない。巨大なサメやタラの一本釣りにも挑むが、果たして!? バクハツ的なシーナの日常が詰まったとっ散らかりエッセイ、堂々の最終巻!

目次

謎のどろめ祭り
爪切りハイジャッカー
春のあらしの中で
フンドシ親父と赤黒マグロ
煙草雑談
なぜ八パーセントを砲撃しない
単細胞の研究
フィヨルドの北極海を行く
アイスランドじわじわ周回
いつか氷河の上で羊汁を
大山鳴動して……
邪念の特急「あずさ」
六月の疲労とカタルシス
拡声器国家、日本
しあわせな冒険時代
公園のユーレイ
運について
テントで寝るのは楽しいけど
蚊のフリカケも悪くない
夏の盛りの暑い日に
あらしの夜に
危機意識、危機管理
うどん国突撃隊
ナイロビと銀座
胃カメラを飲んできた
火星のロビンソン
秋ふかし老人ぶつぶつ日記
人生の秋に思う
台風に追われ続ける旅だった
世襲政治という後進性
消えた職業、消えた仕事
単行本あとがき
文庫版のためのあとがき