メディアワークス文庫<br> 博多豚骨ラーメンズ8

個数:1
紙書籍版価格
¥693
  • 電子書籍
  • Reader

メディアワークス文庫
博多豚骨ラーメンズ8

  • 著者名:木崎ちあき【著者】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • KADOKAWA(2018/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784048935890

ファイル: /

内容説明

博多で連続する昏睡強盗事件と馬場の失踪を追ううち、林と榎田は13年前に起きた惨殺事件に辿りつく。そこには、かつて馬場を襲った、ある壮絶な過去が隠されていた。はからずも馬場の過去を知った林の前に、重傷を負った馬場が現れ――。馬場に迫る絶体絶命の危機に、事件の真相を探っていく林たち。一方、病院で意識を取り戻した馬場は、再び姿をくらませる――。博多最強の殺し屋の危機に、裏稼業の男たちが立ち上がる! 人口の3%が殺し屋の街・博多で、裏稼業の男たちが暴れまくる痛快群像劇シリーズ、待望の第8巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

岡本

118
馬場さん復讐編完結。最終巻かなと思って読んでいたら、黒幕を匂わせて終わったんで続くって事でいいのかな。一皮剥けた馬場さんを中心に今後の展開に期待大。2018/08/12

だりあん

35
馬場さんの過去後編。実行犯のうしろに本当の仇が…しかも血縁者?そのままなら『ただの馬場善治』として殺し屋稼業とは無縁の人生送ってたはずなのに、それでも殺さなきゃいけない理由って、なに?…リンちゃんが馬場さんのそばにいてくれて、よかった…。2018/06/11

まるぷー

34
前巻のサスペンデッドゲームの続編。12回裏で決着ってところか。馬場が殺し屋殺し屋になった経緯が明らかになる。13年前の父親が殺された遺恨の復讐のためだった。その相手の別所を追って瀕死の重症を追いながら、病院を抜け出す。別所の生存の情報を提供した榎田、病院からの抜け出しの手配をした小悪魔的なミサキちゃんは余計なことをって感じがした。一方で林が馬場の安否を心配して奮闘。馬場は父親の仇を仕留めるが、単なる依頼されての殺しだと知り真の仇を追うために殺し屋の引退を撤回。ラーメンズももう少し続きそうで楽しみだ。2018/01/17

o.c.beats

31
7作目の続き。 復讐に失敗し重傷を負っても、なお己の怨念を晴らそうとする馬場。 馬場を心配し計らずともその復讐を止めたい重松、リン、ジロー。 馬場の無念を晴らす事が最良だと、彼に協力する榎田、ミサキ、そしてメケ。 それぞれが共通して思うのは馬場のために。 彼が大切な仲間だからこそのすれ違いなんだろうなとも思いました。 根本的な解決が出来ないまま今作は終了。 まだまだこのシリーズは続きそうですね。2020/11/25

ヤクモ

28
シリーズ第8弾。前回、まさかの巻跨ぎとなり、6回裏からの試合再開です。13年前に自らの父を殺した別所暎太郎への復讐を誓うも、返り討ちに遭い重傷を負った馬場。心配する林ちゃんや重松さんの監視をかいくぐり、情報屋の榎田やミサキちゃんとピエロのメケの協力により病院から抜け出し、再び別所と対峙する。そこで知らされた過去の事件の真相と馬場の素性にも絡む更なる黒幕の存在。引退を決意した選手による代打逆転満塁ホームランと、ヒーローインタビューでの現役続行宣言に拍手。2018/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12488400
  • ご注意事項