集英社コバルト文庫<br> 赤の神紋 第三章―Through the Thorn Gate―

個数:1
紙書籍版価格 ¥523
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
赤の神紋 第三章―Through the Thorn Gate―

  • ISBN:9784086147323

ファイル: /

内容説明

ついに『鳩の翼』の公演で、ケイの演じるハミルを榛原憂月に目撃されてしまった響生。彼は苦悩の末、己の禁忌を犯し、榛原に接触する。ケイのハミルをどう思ったのか、それを確かめるためだけに……。一方、夢にまで見た榛原に、ハミルを観られていたことを知ったケイは、興奮と不安とで押し潰されそうな日々を過ごしていた。そんな時“渡辺奎吾”の名で、一通の手紙がケイのもとへ届く。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

14
身体の感覚全体で読みあげた巻。朝焼けの眩しさ、ネオンの色、ステンドグラスからの光、舞台の青い照明の鮮やかさが目の前に浮かび、台詞から迸る狂気と壮絶な何かに体の奥も震え、圧倒的な「メディウサ」の演技と進化に己の力の無さを知り、絶望する2人に声もなく、右拳で右太腿を何度も殴打し、絶望に殺されずに演技する姿と満場の喝采と笑顔と負けたくないと歩み続ける気持ちにこちらも笑みが零れてしまいます。愛憎で心が息絶え絶えの連城とこれっぽっちも関心がなさそうな榛原の孤高と榛原による純粋培養のワタルと野生の狂気のケイはどうなる2012/06/07

Melon Matsuda

12
萌える為に読む小説(^o^) 響生は、ケイのために何かしてあげたくなっちゃうんだろうな。保護者のような響生であるのに、心の底からケイを愛しちゃってるんだろうな。2人がキスするとこよかったな、ケイが拒否らないで受け入れてるの自然で良かった。芸術と同性愛的なモノって繋がってる気がするから、ケイにもその気はあるんだよ。2016/08/19

tomino

4
劇中劇の、観劇描写の緊張感が伝わってくるー。NYを舞台に初邂逅初対決。殺意と愛情は紙一重。ボロボロになりながらも少しずつ成長してるのに、主人公二人がくっつきそうでくっつかない展開にハマる。(くっついたらお話しが終わっちゃうのかなー(笑))ドキドキしながら4章へ2017/11/17

たろさ

3
ニューヨーク編。やっぱりね。連城はどんどん追い詰められていきますね。もう、なんだか、可哀想で。ケイも榛原しか眼中にないし。8ヶ月後、って、榛原、本当に自由人だな。振り回されるケイと連城が不憫だ。。。2018/11/06

ロェント

2
再読。2016/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/497483

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。